ネット界の“旬”なニュースをお届け!

栗城史多氏 指切断をブログで報告

2012.11.06 TUE

噂のネット事件簿


栗城氏が登攀の様子を綴ったブログ。栗城氏は7500m以上の地点までたどり着いた ※この画像はサイトのスクリーンショットです
エベレスト初登頂を目指し失敗に終わった登山家の栗城史多氏が、10月30日のブログエントリーで、凍傷により指を数本切断することを発表。コメント欄には励ましの声が続々と寄せられている。

栗城氏は、これまでチョ・オユー(8201m)、マナスル(8163m)、ダウラギリ(8167m)など、数々の高峰を制してきた登山家で、登っている姿を“自分撮り”してネット上で公開するスタイルが特徴だ。昨年のエベレスト挑戦時にはさらに、キャンプからニコニコ生放送やUstreamへ出演したり、ブログやツイッターの更新を行なったりするなど、ネットと登山を融合させてきた。

そんな栗城氏は、今回、自身4度目の挑戦でエベレスト初登頂と山頂からの生中継を目指し、10月初旬から登山を開始した。そして、数度の山頂アタックを試みた栗城氏だったが、10月21日付けのブログエントリーで、スタッフから凍傷が深刻な状態であることが報告され、30日には栗城氏自ら、

「左手親指と両手の指数本は、第一関節から切断することになりそうです」

と、“指切断の可能性”という衝撃的な事実を発表。ブログのコメント欄には、

「今はゆっくり休養なさってください」
「挑戦する勇気をもらえました」
「諦めないでエベレスト登頂成功させて下さい」

など、500件以上の応援コメントが寄せられている。

このニュースは、ネット上でも大いに話題となり、「栗城史多」の名前は11月1日付けの「Yahoo!急上昇ワードランキング」で11位にランクイン。2ちゃんねるの「芸スポ速報+」板の「【登山】登山家・栗城史多さん、指数本を切断へ…エベレスト挑戦の重すぎる代償★」というスレッドは3スレッド(書き込み数3000以上)を消費している。2ちゃんねるでは、一部から「その覚悟があって登山してるんだから同情しようがないな」「指切るならかわいそうもう登山無理やろ」といった厳しい声も登場した。しかし栗城氏は、10月30日の同エントリーで「少しも後悔していません」「僕は、必ず復活します」と高らかに宣言している。まだまだ彼の挑戦は続きそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト