ネット界の“旬”なニュースをお届け!

名所の風景が部屋の中で楽しめる!?

2012.11.09 FRI

噂のネット事件簿


有名な“清水の舞台”からの美しい景色も、部屋にいながら見ることができる ※この画像はサイトのスクリーンショットです
11月6日、旅行会社大手のJTBが、「Google マップのストリートビューで見る“ぐるり”日本の見どころガイド」という新サービスの提供を開始した。

このサービスは、主要旅行サイトで初めて「Google マップ・ストリートビュースペシャルコレクション」を活用しているもので、サイト上を巡回するだけで全国の有名な観光スポットに訪れたような気分になれるサイトだ。

“スペシャルコレクション”とは、通常は公道から見える風景を公開しているストリートビューの特別版で、名所などの内部もストリートビューとして表示しているもの。日本では約300の名所の風景がこのスペシャルコレクションに含まれている。今回のJTBによるサイトは、同機能を活用したものだ。

サイト上で用意されている風景は、計140施設のもの。日本国内12のエリア、もしくは「世界遺産」「城」「寺と神社」から「洞窟」まで7つのジャンルに分けて整理されている。好きな施設を選ぶと360度のパノラマ写真が表示され、ぐるりと風景を見渡す写真を楽しむことができる。さらに、ストリートビューと同じ要領で、ユーザーが選んだ場所を拡大していくことも可能だ。

例えば、清水寺・龍安寺・二条城など、世界遺産に登録されている京都の施設だけで10の風景を見ることができる。観光スポットの周辺の宿泊施設のリストへリンクが貼られているので、京都のなかでも、どのエリアに宿泊するか検討する際に、参考になりそうだ。

名所を訪れた気分にさせてくれるだけでなく、旅行で訪れる予定のある場所への“下見”としての役割も果たすこのサイト。旅行気分を盛り上げてくれることは間違いないだろう。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト