ネット界の“旬”なニュースをお届け!

大谷投手は日ハムに行くべきか?

2012.11.14 WED

噂のネット事件簿


1位の大谷投手のほか、2位の森本龍弥選手、4位の宇佐美塁大選手と、3人の高校生をドラフトで指名した北海道日本ハムファイターズ ※この画像はサイトのスクリーンショットです
10月25日に行われたプロ野球のドラフト会議で北海道日本ハムファイターズは、メジャーリーグ挑戦を表明している花巻東高校の大谷翔平投手を1位指名した。

強行指名となった日ハムは、現在大谷投手の両親と交渉中。10日には、高校からメジャーへ挑戦することがいかに困難であるかをレポートした「大谷翔平君 夢への道しるべ~日本スポーツにおける若年期海外進出の考察~」という独自の資料を用意し、両親の説得を試みた。

スポーツニッポンによると、交渉後大谷投手の父・徹さんは「大変いい話を聞かせてもらった。大事な分岐点。時間をかけて本人にも伝えたい」と話したとのこと。明確な答えは出ていないが、幾分日ハムサイドに傾きかけているような雰囲気も感じられる。

そんな大谷投手の進路だが、ネット上では「日ハムに分がある」と考えている人が多いようだ。2ちゃんねるの「【野球】日本ハム 大谷の両親と交渉 メジャーの厳しい現実伝える資料用意」というスレッドを見ると、こんな意見が寄せられている。

「普通に説得できるだろ
だって高卒でメジャー行って成功した奴がいないし」
「数年後のメジャー推しオプションとか提示してるのかな?」
「ここ数年で高卒でMLBに行っている球児が何人かいるけど今も名前を聞かないってことは成功してないんだな」
「なんやかんや日ハム入団するような気がしてきた」

高卒でのメジャー挑戦は無謀であり、日ハムに入団するのが無難だと考えるネット住民が多かった。しかし、別の「日ハム『大谷くん!高校から直接メジャーは難しいよ!』 “高校→渡米”の失敗例を集めた資料を用意し交渉」というスレッドでは、

「いま行かないと、潰されてお終いだろうな
何年後かの保証はないぞ」
「やりたいっつーんだからやらせたれや
失敗も成功もプロなら自己責任だろ」
「若いんだから沢山無茶していいと思うし
せっかく力があるんだからやれるとこまでやってみればいいんだよ」

などの意見もあり、こちらでは大谷投手のメジャー挑戦を応援しているネット住民も少なくない。

とにかく、ネット上でも意見が分かれている大谷投手の進路。大谷投手が選ぶのは、メジャーなのか、日ハムなのか──野球ファンならずとも注目が集まる。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト