ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ニコニコ動画 政界でも存在感増

2012.11.28 WED

噂のネット事件簿


ニコニコ動画の公式アカウント「ニコニコインフォ」は、ツイッターでこの抗議書について触れたが、そのツイートは27日0時現在2600回以上リツイートされている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
自民党の安倍晋三総裁と民主党代表の野田佳彦首相の党首討論の場について、双方がけん制をしあうなか、動画サイト「ニコニコ動画」が思わぬきっかけで存在感を示している。

安倍総裁は11月24日、記者団に対し、野田首相があらゆるメディアにフルオープンでの党首討論を要望していることについて触れ、そのなかで11月29日にニコニコ動画が開催を予定している14党代表による討論特番の場を活用したいと語った。

安倍総裁は就任以来、自身のFacebookページに頻繁に投稿し、フィード購読者は11万人に到達。ユーザーローカルのFacebook人気ユーザーランキングで1位となるなど、ネット上での情報発信に積極的だ(11月27日現在)。今回の党首討論に関しても、同ページ上で24日、「11月29日に既に出演の要請を受けている『ニコニコ動画』の生中継で野田首相の申し入れに受けて立ちます!(テレビ局ですと各局の番組調整や公平性に問題があり、公示までの調整は難しい)」と宣言している。

このような姿勢の安倍総裁に、ネットユーザーたちの反応は様々だ。安倍総裁がニコニコ動画における党首討論を野田首相に向けて提案したことが報じられると、2ちゃんねるのニュース速報+板には「【政治】 自民・安倍総裁「『ニコニコ動画の場でですね、ぜひ野田さんと党首討論をしたい』」というスレッドが立ち、そこでは、

「それだけネットの比重が増してきたってことだな」
「ニコ生いいね。ぜひ編集一切なしの討論を見たい」
「選挙民の何割くらいがニコニコ動画なんてみてるんだよ」

と、テレビキー局ではなくネット放送局が指定されたことに驚く声や、そのことに対する賛否のコメントが書き込まれた。

ネット世論を巻き込んだこの安倍総裁の提案だったが、26日、民主党側は「政治的な別の意図があると思う」として、受け入れられないと回答。12月4日の公示前までに民主党と自民党の共催で、あらゆるメディアが取材可能な“フルオープン”の形で行いたいと、文書で申し入れた。

申し入れ前に会見を行った民主党の安住幹事長代行は、ニコニコ動画でという提案を退けた理由として、「双方向と言いながら極めて偏った動画サイトに投稿を許すようなやり方は、逆に、これまでの良き伝統の党首討論を崩すと思う」と発言。

この安住氏の発言に怒ったのが、「ニコニコ動画」を運営するドワンゴだ。同社は26日夜、民主党の輿石幹事長宛に抗議書を提出し、その文面をサイト上で公開。内容は、安住氏の発言を「あらゆる個人、団体、企業に対し公平に情報発信の場を提供しているニコニコ動画に対する、根拠の無い誹謗中傷」とし、批判の根拠や、民主党や他党がニコニコ動画を活用していることへの認識について5日以内に回答を迫るものだ。

これについて同社のツイッターアカウント(@nico_nico_info)がツイートすると、RT数は2700におよび(11月27日現在)、大手新聞各社もこの動きを報じている。さらに、26日、自民党も民主党の申し入れに対し「ネットは誰でも参加可能で、世界に開かれている」と反論している。

いったいどんな形で行われることになるのか。公示までの時間が限られるなか、今後の両党の党首討論へ向けての対応が注目される。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト