ネット界の“旬”なニュースをお届け!

トンネル崩落事故でツイッター活躍

2012.12.05 WED

噂のネット事件簿


NEXCO中日本の公式サイトのトップページに表示されたお詫び。事故箇所の復旧は12月4日時点では未定 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
12月2日、中央高速道の笹子トンネルで発生したトンネル天井部分の崩落事故は、3日の時点で9人が死亡する大惨事となった。事故が発生した現場は、“渋滞の名所”としても知られる交通量の多い場所だけに、事故発生直後にはツイッター上でも現場リポートが多数登場した。

ツイッターのまとめサイト「Togetter」の「笹子トンネル崩落」というまとめによると、ツイッター上の第一報は、2日午前8時13分に現場付近を走行していたツイッターユーザーによる「中央道笹子トンネル内車両火災発生! 大丈夫かな??」というツイート。そして8時30分頃になると、

「下り入り口の電工掲示板にも『火災進入禁止』」(原文ママ)
「笹子トンネルで車両火災のため通行止めくらってます」
「下りは大丈夫みたいだけど、結構な数のパトカーがきた」

といった生々しいツイートが次々と登場し、NHKのツイッターアカウントも、事故発生、現場状況、交通規制情報、警察発表、偶然居合わせたNHK職員からの情報などを積極的に発信し続けた。

そしてその後も「笹子トンネル」はツイッターのホットワードで上位に入り続け、当日の午後には渋滞に巻き込まれた人、迂回路を探す人が多数発生。並行する国道20号を使うルート、雁坂峠から富士五湖方面に抜けるルート、都留から河口湖方面に抜けるルートなどがツイッター上で共有された。

さらに当日には、笹子トンネルの事故を2003年に予言していたブログの存在が明らかになり、ネット上ではそちらも大きな話題となっている。そのエントリーは、03年3月1日に「笹子トンネルの謎」という題名で書かれ、「笹子トンネルはいつ崩れてもおかしくないくらい老朽化が進んでいるため…」という記述が含まれているもの。同ブログを紹介した2ちゃんねるの記事は、ツイッターでも2000人以上が引用しており、「ちょ・・ 起こるべくして起こった事故ってことかよ」「こええ」「ををっ、これは(>_<)」と驚きの声が上がっている。

なお、今回の事故に関して同区間を管轄するNEXCO中日本は、HP上で死亡者に対するお悔やみの言葉を述べている。同社のツイッターの公式アカウント「NEX子中日本(中日本高速道路株式会社)」は、事故前日のツイートを最後に一切ツイートは発信されていない。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト