ネット界の“旬”なニュースをお届け!

420万超再生の犬猫コメディ動画

2012.12.06 THU

噂のネット事件簿


犬と猫が人間に置き換わっているだけなのだが、特徴をよくとらえていて本当に笑える ※この画像はサイトのスクリーンショットです
11月21日YouTubeにアップされた動画『Cat-Friend vs Dog-Friend』が、2週間で420万超の再生回数を誇っている(12月4日17時36分現在)。コメディ動画やアニメを配信している米国のサイト『fatawesome』が公開したもので、犬、猫それぞれを擬人化し、飼い主との関係をドラマ仕立てにしている。

冒頭では、帰宅した飼い主をすぐに迎えにいって喜ぶ犬役の男性と、じっと飼い主を見て、パッと逃げる猫役の男性が登場。そのほか、リビングでくつろいだり、飼い主の友人が来たりするシーンが描かれ、従順な犬と、気まぐれな猫の違いが表現されている。

YouTubeのコメント欄には、

「理由ぬきに楽しい」(英文を編集部で和訳、以下同)
「猫がすばらしい!」
「あの犬役の男性が欲しい!!」
「私の生活みたい」

など、本当の猫や犬の行動のようで楽しく視聴したという声が多数。英語のコメントだけでなく、ロシア語、フランス語、スペイン語の記述もある。

日本では、11月29日にロケットニュース24でこの動画が紹介されると、ツイッターなどで拡散。

「どっちも飼ったことないのにしっくりくる吹いたwww」
「女子版が見たいわ」
「犬男子、超うぜええええええw しかも妙にリアル!」

とのつぶやきが見られる。

犬や猫へのステレオタイプは万国共通で、英語がわからなくても笑える動画。これが人気となった大きな要因と言えそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト