ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「ラピュタ」で覚える国語の技法?

2012.12.10 MON

噂のネット事件簿


投稿されたノートの画像には、「字がきれい」という評価も多数されている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
勉強には工夫が大切なことは言うまでもない。特に歴史の年号や理科の元素記号など、記憶が必要な部分については自分なりの語呂合わせや替え歌などを作って覚えたという人も少なくないだろう。そして現在、ツイッターで「国語の表現技法」についての工夫を凝らした覚え方が話題になっている。

12月5日にひとりの学生ユーザーによって投稿されたツイートは、「テスト勉強のためにクラスが違う友達のノート借りたらマジ吹いたんだけど(爆)」というコメントに、表現技法を記しているノートを撮った写真も添えたもの。

ノートに書かれた内容は、ジブリ作品『天空の城ラピュタ』の登場キャラクター・ムスカのセリフで表現技法を説明していて、

反復法(リフレイン)……読める。読めるぞ。
倒置法……見せてあげよう。ラピュタの雷を。
比喩法……見ろ。人がゴミのようだ。
反語法……最高のショーだと思わんかね。(いや思わないわけがない)
省略法……目が。目がぁ。

と書かれている。

投稿したユーザーによれば、これはユーザーが通う学校の国語教師が板書した内容を友人が写したノートとのこと。この投稿を見たユーザーたちは、「なんて分かりやすいんだwwいいなこれ」「素晴らしすぎるwww」などの称賛のコメントを続々投稿。同ツイートは12月7日18時現在約1万7500回リツイートされ、同日にはツイッター上で話題のワードや画像などをリアルタイムで知らせるランキングサイト“ついっぷるトレンド”の画像ランキングで1位にもなった。

そして、早速このツイートを別のアニメキャラに当てはめて台詞を考える、“パロディ”を投稿するユーザーも登場。ネットで人気のアニメ作品といえば、やはり『ガンダム』シリーズであり、同ツイートに触発されたガンダムファンのユーザーからは、

「反復法…ザクとは違うのだよ!ザクとは!!
倒置法…見せて貰おうか!連邦軍のMSの性能とやらを
比喩法…空が落ちてくる
反語法…脚なんて飾りなんです!偉い人にはそれが解らないんです!! (解らないに決まってる!だから80%とか言うんだ!)
省略法…(敵の動きが)見える!」

「シャア少佐。 
反復法『認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを。』 
倒置法『見せて貰おうか。連邦軍のモビルスーツの性能とやらを!』 
比喩法『坊やだからさ。』 
反語法『私もよくよく運の無い男だな』 
省略法『い、一撃で!一撃で…撃破か』」
(原文ママ、編集部で改行を追加)

と、こちらも劇中のセリフを具体例として表現技法を説明する投稿がされた。

普段はあまり思い起こさない「国語の表現方法」の種類だが、学生時代にこんな面白いたとえに出会えていたら、鮮烈な印象に残っていたことだろう。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト