ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「824年に一度の金袋」の噂拡散

2012.12.13 THU

噂のネット事件簿


「824年に一度」と噂された2012年12月のカレンダー。たしかに土曜日、日曜日、月曜日が5回ずつあるが、実際には全然珍しいことではない ※この画像はサイトのスクリーンショットです
ツイッターを中心に「2012年12月は824年に一度しかない『金袋』と呼ばれる月である」との噂が出回っている。

この噂に関するツイッターでの動きをまとめているTogetterの「824年の一度のチャンス!? ←デマです」のツイートをみると、この噂がツイッター上で流れ始めたのは12月5日ころ。

「今月は土曜日と日曜日と月曜日が5日ずつある、824年に1回しかない『金袋』というチャンス、伝統に従ってこの事を友達や敵に知らせてあげると、4日後にお金が転がり込むとか」
「今月は土曜日と日曜日と月曜日が5日ずつある、824年に1回しかない『金袋』というチャンスだと、中国の風水師が語っているそう。伝統に従ってこの事を友達や敵に知らせてあげると、4日後にお金が転がり込むらしいですw」

などと、かなり似た文章でのツイートが12月5日に投稿されているのが確認でき、これらをもとに拡散されたようだ。

また、このまとめでは、珍ニュース総合サイト「日刊テラフォー」が12月3日にアップした「2012年12月は824年に1度の大幸運期!?」という記事が噂の発端になっているのではないかと指摘している。この記事は、中国版ツイッター「微博」への投稿をソースにしているようで、土曜日・日曜日・月曜日がそれぞれ5回訪れる2012年12月は「風水学的に見て、824年に1度の椿事なのだ」(原文ママ)と書かれている。

しかし、実際に土日月が5回訪れる月は決して珍しいものではなく、たとえば2011年10月、2011年1月、2010年5月なども土日月が5回ずつある月だ。つまり、「824年に一度」というのは間違いなのだ。

実はこの噂、今回はじめて出回った物ではなく、以前から似た噂が流れていたという。前出のTogetterのまとめ記事でも、2010年10月に、

「今年の10月は金曜日、土曜日、日曜日が全部5回有ります。これは計算上823年に一度しか起こらない事です。823年の中で一番週末が多い10月なんです」

というツイートがあったことを紹介。さらには2009年には、同様の英文のチェーンメールが広まったこともあるという。

この噂が、どういう経緯で誕生し、そして広まったかについて、正確なことはわからないが、おそらく今後も「土曜日・日曜日・月曜日がそれぞれ5回ある月」がやってくるたびに、「824年に一度」という噂が広まるのではないだろうか。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト