ネット界の“旬”なニュースをお届け!

公式アカウントが恋愛したい宣言?

2012.12.14 FRI

噂のネット事件簿


12月11日には、このような画像付きのツイートが多数トレンドにランクインした ※この画像はサイトのスクリーンショットです
11月30日に全世界でのユーザーが8000万人を突破したことが発表された無料通話・メッセンジャーアプリ「LINE」。日本国内のみのユーザーでも3500万人を超えたとのことだが、そんなLINEの公式アカウント「LINE五輪ニュース速報」が犯してしまったミスが話題となっている。

このアカウントは、今年8月に行われたロンドンオリンピックの情報を伝えるために作られたもの。大会が終わっている現在でもアカウント自体は残っていたのだが、12月11日の深夜1時32分、同アカウントから漫画家・地獄のミサワのイラストによる男性キャラが「あ~恋愛して~」と言いながら伸びをしている“スタンプ”がアカウントとつながっているユーザー全員に送られた。

スタンプとは、LINEの最大の特徴であるツール。様々なキャラクターが多種多様な感情を表現したスタンプが用意されており、ユーザー間ではスタンプだけで“会話”のやり取りがなされることもある。そんなスタンプが誤送信されたわけだが、送られたものが「あ~恋愛して~」というユニークなものであり、かつ昨今ネットで大人気の地獄のミサワによる“イタい系”のイラストであったことが話題に火がつく要因となった。

同アカウントでは、同日9時5分、「【お詫び】本日1:30ごろにスタッフの操作ミスにより関係のないスタンプが送信されました。ユーザーの皆さまには深夜間に大変ご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます」(原文ママ)と謝罪のコメントが送られたが、2ちゃんねるのニュー速VIP板に立てられた「【速報】LINEの五輪のアカウントミサワのスタンプを押し謝罪」というスレッドでは、アップされた実際の誤送信画像のスクリーンショットを見たユーザーから、

「くっそワロタww 」
「突然のミサワはシュールwwwwwwww」
「ミサワのスタンプは大変ご迷惑なのか 」
「どういうミスだよwwwww 」
「恋愛したかったんだな」

など、笑ったことの報告やツッコミの声が多数投稿されている。

今回の件では、ミスであったことが公式に認められ謝罪がなされたのだが、以前からネットユーザーの間では、LINEの公式アカウントで“遊ぶ”のは恒例。特によく遊びに使われるのが、「LINE英語通訳」という通訳アカウントだ。

同アカウントは、ユーザーが書き込んだ日本語をすぐさま英語に訳してくれる便利なアカウントだが、これまでツイッター上では、ユーザーが同アカウントに対して「悔しいなら喋ってみろよwww」と送ったところ、アカウント側が「死ねよ」と日本語で返してきたことを示す画像などがアップされている。

ただ、実際筆者がこのアカウントを使用して、「悔しいなら喋ってみろよ」というコメントを5回投稿したが、「死ねよ」とは一度も返されなかった。そのため、これらの画像はアップしているユーザーが創作している“コラ画像”、つまり嘘の画像である可能性が高い。おそらく他のユーザーを楽しませたいユーザーが作ったものと思われる。

ユーザー数の増加とともに、企業や芸能人による公式アカウントも増えているLINE。今後、今回のスタンプの件のような公式アカウントによる“ミス”が取り沙汰される機会も増えていくかもしれない。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト