ネット界の“旬”なニュースをお届け!

自宅で楽しむ「お正月気分」

2012.12.25 TUE

噂のネット事件簿


浄土宗公式サイト。年末年始にはプレゼントもあるのだとか ※この画像はサイトのスクリーンショットです
「寒くて外に出たくないが、お正月気分を味わいたい!」という欲張りな人に、「年末年始気分」をネットで楽しむ方法を紹介しよう。

まず、大晦日に欠かせないのが、除夜の鐘。ネット上には、除夜の鐘をつく様子を中継しているお寺があり、これまで池上本門寺(東京都大田区)、貞昌院(神奈川県横浜市)、福寿山観音寺(東京都国分寺市)などがUstream中継をしたことがある(今年の予定については問い合わせが必要)。

「見るだけではなく、鐘を突きたい」という方は、浄土宗のサイト「バーチャル除夜の鐘」サイトで疑似体験できる。マウスで鐘木(鐘撞き棒)を右に動かして放すと、鐘の音が鳴り、108回までカウントされる。

無事に年を越したら、初日の出、そして初詣だ。こちらも各寺院や神社で、初日の出など、お正月の様子をライブ中継するところは多く、日本各地の観光地や町に設置されたライブカメラの情報がみられるサイト「LiveCamJapan」では浅草寺、川崎大師(参道)、鶴岡八幡宮(参道)、身延山久遠寺、太宰府天満宮など、ライブ中継があるお寺情報を一覧にまとめている。混み合う掲題の様子を見ながら、ダラダラ家で過ごしたい向きには便利かも。

そして初詣で忘れてはならないのが、「おみくじ」だ。スマートフォンアプリでは、おみくじが引けるものが充実していて、「おみくじ天国」「振る振るおみくじ」結果があらわれなどがある。「おみくじ天国」は、鳥居にかけられた「おみくじ神社」の札をクリックすると、カラカラと鈴を鳴らす音がして、おみくじのる。「大凶」-何事も辛抱強く取り組むべし。学業、方向、待人などの項目についても書かれており、神社でひいたことのあるおみくじにそっくりで、「何百回引いても大凶しかでない… 運が悪いだけでしょうか…」というレビューもある。「振る振るおみくじ」は携帯をおみくじの箱のようにシャカシャカ振るだけで結果が分かるというもの。こちらは「中吉」-大きな成功の足音が聞こえます。など、シンプルな内容。運試ししてみるのもいいだろう。

ウェブサイトとアプリだけでも、自宅でにいても、十分お正月気分が味わえそうだ。ただし、本当に煩悩が振り払えたり、ご利益を受けられたりするかどうかは保証できないので、あしからず…。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト