ネット界の“旬”なニュースをお届け!

虎入り福留に「銭闘力落ちた」の声

2012.12.28 FRI

噂のネット事件簿

阪神とDeNAが争奪戦を繰り広げていた福留孝介が、来季のプレー先を阪神に決定。しかし決定に至るまでに金銭面で一悶着あったため、ファンからは様々な声が上がっている。

2008年にアメリカに渡った福留は、カブス~インディアンス~ホワイトソックスを経て、7月からヤンキース傘下3Aのチームに所属していた。そして福留はシーズン終了後に来季は日本球界でプレーする意志を述べ、当初は数チームが獲得の意向を表明。2012年12月25日に阪神への入団が発表された。

しかしこの決定に対し、2ちゃんねるでは、「【野球/MLB】福留孝介が阪神入りを決断…3年契約総額6億円、背番号8-ログ速」というスレッドがたち、様々な意見が書き込まれている。

「6億ならいいんじゃない
MLB帰りは営業的にもメリットある」
「これで来年は阪神優勝確実だね^^」
「来年の巨人戦、中日戦が楽しみだ」

と、一部阪神ファンからは喜びの声が上がっているものの、

「2割7分10本はいけるだろ。お買い得だったな」
「足も守備も劣化した地蔵です」
「メジャー帰りって大半が失敗してない?」

と、福留を揶揄する声も多数登場。というのも、福留は毎年のように契約更改でモメるため、ネット上ではすでに、

「上がった分は寄付するつもりだった……」(04年)
「僕の年俸が上がらないと、後輩たちに夢を与えられない」(05年)
「誠意は言葉ではなく金額」(07年)

など、契約更改の際の“名言”がまとめられており、福留には「銭留」というあだ名が、さらに福留選手の野球の実力を示す言葉として、「銭闘(力)」というスラングも作られた。

それゆえネット上では、福留の阪神入りとともに、

「銭留が譲歩した・・・だと・・・?」
「3年15億はどうしたんや…」
「ずいぶん妥協したなwwww」

といった声が次々と上がり、

「メジャーで銭闘力もだいぶ下がったのか?」
「この程度の銭闘力だったのか
がっかりだぜ」
「往年の銭闘力はもうないな」

と、“銭闘力”の低下をイジる声も多数登場。6年ぶりに日本球界に復帰する福留の活躍が注目される。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト