ネット界の“旬”なニュースをお届け!

解説者・ゴン中山に「ポスト松木」

2013.01.08 TUE

噂のネット事件簿


最終所属チームとなったコンサドーレ札幌の公式サイトには中山雅史のプロフィールページが残っている。サポーターに向けた「熱い声援でサポートして下さい。一緒に闘おう!!」とのメッセージが掲載されている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
1月1日、毎年恒例のサッカー天皇杯決勝戦が国立競技場で行われ、柏レイソルがガンバ大阪を1対0で下し、前身チームとなる日立製作所時代から数えて37年ぶり3度目の優勝を果たした。

この決勝戦のテレビ中継でゲストとして登場したのが、昨シーズンで現役を引退した“ゴン中山”こと元日本代表FW・中山雅史氏だ。J通算ゴール記録(157ゴール)、Jシーズン最多ゴール記録(36ゴール)、さらには4試合連続ハットトリックのギネス記録保持者として、重要な試合の解説者には“もってこい”と思われるゴン中山だが、1月3日の東スポWebでは「引退のゴン中山困った“解説できない”」との記事が出てしまった。

記事では、元日本代表のチームメートが登場し、「(中山は)気持ちの人だから、戦術とかうまく話せない」と証言。さらに某民放局のサッカー担当プロデューサーは「解説とか評論とかもやればできるんだろうけど、なかなか説得力を出すような話をするのは難しいかもしれない」ともコメントしている。つまり、トークには長けている中山だが、テレビ中継で、戦術を視聴者に分かるように解説するのは難しいのではないか、という内容の記事なのだ。

では、天皇杯決勝でのゴン中山の解説を聞いたネット住民たちはどう感じたのだろうか。東スポの記事に関する2ちゃんねるのスレッド「【サッカー】引退のゴン中山、困った解説できない!」から、中山の解説に対する感想をピックアップしてみる。

「複雑な理論や戦術はなかったけど、わかりやすくてよかったよ。
何より熱いし人の気持ちがわかる人だからな」
「ゴンが頭の回転が良いのは喋り聞いてたら分かる
ただ普通に解説されてもつまらないので松木の後継者になってほしい」
「中山知ってる人間なら誰でも彼の頭の良さコメント力の凄さを知っているし
事実、天皇杯決勝の解説は転身してからすぐとは思えないほど見事な仕事だった
現時点で元選手の解説者としては既にトップクラスだぞ」

東スポでは「解説できない」と言われてしまった中山が、中継を観ていたネット住民からはなかなかの高評価だったようだ。

ちなみに、スレッド上で頻繁に中山と比較されていたのが、松木安太郎。日本代表の試合では、興奮するあまり、解説を忘れて“応援”に回ってしまうことでもおなじみの松木安太郎は、“気持ちの人”ということで中山との共通点を見いだすネット住民が多かったようで、スレッドでは、

「松木が応援ってジャンルを確立しつつあるから(編集部補足:中山は)それに乗っかればいい」
「松木&ゴン解説を希望する」
「でも、松木さん、キャラがちょっと被ってるから、正直なところ困っているだろうな~」

などの意見が多数寄せられていた。少々“ぶっ飛んだ”解説としてネット上でも人気の松木安太郎だが、ゴン中山もその人気に迫る勢いだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト