ネット界の“旬”なニュースをお届け!

幻のバター「カルピスバター」とは

2013.01.16 WED

噂のネット事件簿


“カルピスバター”には、特撰バター以外に、ソフトバター、ガーリック・バター、発酵バター、シナモン&シュガーバターといったバリエーションが用意されている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
多くの大人が子どもの頃から親しんでいる、さわやかな甘さが特徴の飲み物「カルピス」。そんなカルピスの新商品、“パンに塗るカルピス”がネット上で話題になっている。

その“パンに塗るカルピス”とは、J-オイルミルズが3月1日に発売する新商品で、カルピスをやわらかなスプレッドに仕上げたもの。商品名は「カルピスソフト」だ。同社では、トーストされていない“やわらかいパン”に塗って食べることを勧めている。また、カップケーキやパウンドケーキなど、カルピスの味を活かしたお菓子作りに応用することも可能とのことだ。“飲む”だけでなく、カルピスの味を様々に楽しみたい人には嬉しい商品だろう。

この「カルピスソフト」が発売されるという情報がニュースサイト「ねとらぼ」で報じられると、2ちゃんねる・ニュース速報板には「パンにぬって食べるカルピスだと……? カルピスの常識を覆す『カルピスソフト』3月1日デビュー」というスレッドが立てられ、ユーザーからは、

「ありかな 試してみたいような気がする」
「やばいこれは食べなくてもわかる 絶対うまい」
「これほしいわ 食パンにぬるもんって意外と飽きる」

など、同商品に期待している声が複数書き込まれた。

また、「カルピスバターを安価にした感じなのかな 一回買ってみたいと思ってたけど忘れてたわカルピスバター メチャクチャ美味いらしいけど」や、この声に対するレスの「メチャクチャ美味い 部屋に友人や女が泊まった翌朝に、バケットとカルピスバター出したら感動される」など、“カルピスバター”という言葉が入ったコメントもいくつか見られた。

この“カルピスバター”は、カルピスから発売されている高品質バターのこと。同社の社史にも載っていないほど古くから販売されているとのことだが、特に「特撰バター」は、当初一流レストラン・ホテル・菓子店などで使われ、一般家庭用としての入手が困難であったことから“幻のバター”と呼ばれていたそうだ。

名前から連想すると、「カルピスソフト」と同じようにカルピスの味がしそうだが、あくまで“カルピス”を作る工程で牛乳から乳脂肪を分離するときにできる脂肪分から作られた品質の良いバターというものであり、カルピスの味がするというわけではない。

スレッドでは、「カルピスバター食ってみたいけど売ってるの見たことない」「ここ読んでちょい高めのスーパー行ってみたらカルピスバター売切れてた」といった声も見られることから、幻とまではいかないまでも、現在でも“知る人ぞ知る”商品となっているようだ。

「カルピスソフト」の発売情報によって注目を集めたカルピスバター。3月1日に「カルピスソフト」が発売される前に、バター好きの人は一度試してみては!?

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト