ネット界の“旬”なニュースをお届け!

8センチの雪で都内にゲレンデ誕生

2013.01.17 THU

噂のネット事件簿


なかなか完成度の高い東工大ゲレンデマップ。同キャンパスは桜の名所としても知られている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
成人式の14日、東京地方は8センチの豪雪に見舞われ、各交通機関が乱れる事態となったが、ツイッター上には「東京にゲレンデが出現」という画像が登場し、多くのユーザーの心を和ませた。

ツイッター上で特に盛り上がったのは、東京工業大学のキャンパスをスキー場に見立てた「大岡山スキー場のゲレンデマップ」なるもの。地図には、「スノーパーク」「キッズゲレンデ」「初級コース」「上級コース」「大井町線リフト」などが表記された“架空の”スキー場が描かれており、「東工大のゲレンデマップ出来ましたのでこれからお越しの方は参考にしてみてくださいね」という文言が添えられていた。

そして程なく、「東工大でスキーしてる人がいる(笑)」というコメントともに、スキー板を履いて校内でスキーをしている人の画像もツイートされ、上記の地図とセットで一気に拡散。ツイッター上には、

「面白すぎですねw」
「さすが東工大( ・∀・)」
「大岡山スキー場いきてぇ」
「キッズコースもあるとは」

と、次々とお褒めの言葉が寄せられ、ゲレンデマップのページビューは8万件以上にも達した。

東急大井町線・大岡山駅(大田区)にある東工大のキャンパスは、敷地が広大なうえに起伏も多く、8センチ程度の雪でもスキー場のような状態になるのは事実だ。しかし、このゲレンデマップには「やられた!」と思った他大生は多かったようで、ツイッター上にはその後、慶應義塾大学の「日吉スキー場ゲレンデマップ」や、

「筑波大は全体的にスキー場なのでマップ不要ってことで」
「誰か横国大周辺ゲレンデマップ作成を至急」

といったツイートも登場し、「ウチの大学の方がスキー場っぽい」といった追随するする動きも発生。続々と完成する各大学のゲレンデマップに対して、
「遊び心があってイイね!こういうの、好きです」
「すごくよくできてる (^ω^)」

といったコメントも寄せられ、大雪のため成人式や3連休の予定が狂ってしまった人々に安らぎを与える話題となったようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト