ネット界の“旬”なニュースをお届け!

50歳が考えたドラえもんの珍道具

2013.01.21 MON

噂のネット事件簿


最優秀賞に選ばれた『おしっこバトン』。受賞者によると「おしっこしたいのに近くにトイレがない時」に使う道具だという ※この画像はサイトのスクリーンショットです
Yahoo! JAPAN内の特設サイト『大人のためのドラえもん特集2012-2013』上で、ユーザーが考えた「ひみつ道具」から優秀作品を決定するというコンテスト「ひみつ道具大作戦」が行われ、その受賞作品が発表された。

イラストと解説文で表現した自作のひみつ道具を、特設サイト上で応募するというこの企画。Yahoo! JAPAN最優秀賞に選ばれたのは50歳の本城莉映倖さんによる「おしっこバトン」というひみつ道具だった。これは、「おしっこしたい時、このバトンを人に渡すとその人が自分のかわりにおしっこしたくなる」という道具で、青地に黄色い星が描かれたリレーのバトンのような道具だ。

使うシチュエーションが限定されているような気もする「おしっこバトン」の最優秀賞受賞について、2ちゃんねるでは「オッサン(50)が考案した、『大人のためのドラえもん特集』 最優秀賞が…(´;ω;`)」とのスレッドが立てられた。このひみつ道具に対し、ネット住民たちは、

「何故これを選んだ」
「さすが未来に生きてるな」
「小学生だと思って見てたら50歳だった」
「50歳wwwwwwww
これは切実wwwwwwww」

と、少々驚きの様子。特に50歳のユーザーからの応募作だったという点を興味深く思うネット住民が多かったようだ。

ちなみに、Yahoo! JAPAN優秀賞に選ばれたのは、

『他力本ガン』
「スピーカーに自分のしたいことを告げると弾が装填される。引き金を引くと弾が発射され、あたった人がかわりにやってくれる」

『思い出キャンディー』
「このキャンディーをなめると、自分の思い出に残っている出来事をもう一度体験することができる。また、同じ味のキャンディーをみんなでなめれば、みんなで思い出を共有することができる」

の2つ。特に『他力本ガン』については、前出のスレッドで、

「それ使っておしっこいってもらえばいいんじゃね?」
「おしっこバトンって他力本ガンの下位互換だろ」

などと、最優秀賞の『おしっこバトン』よりも優秀賞の『他力本ガン』のほうが、高性能なのではないかとの指摘もあった。

以上のほかにも、佳作が4点選ばれ、さらにYahoo! JAPANきっず賞も近日発表されるという。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト