心揺さぶる“1枚”を毎日お届け

【激撮!】「標本」になったホッキョクグマ

2013.02.22 FRI

激撮


画像提供:ゲッテイ イメージズ(161786628,Sean Gallup/Getty Images News)
ドイツ・ベルリンの自然史博物館で公開されたホッキョクグマ、クヌートの「標本」。骨格や毛皮、爪はクヌートのものを実際に使って製作され、体はポリウレタン、目はガラスでできている。一般公開は3月中旬までだが、来年から常設展示される予定だという。

クヌートは母親が育児放棄したため、ベルリン動物園の飼育員に育てられた。その愛らしいしぐさは世界中で話題を呼び、多くの人が動物園を訪問。2011年3月に、発作で死亡するまで同動物園の人気者として活躍した。

  • 写真で振り返る2012年

    東京スカイツリーからロンドンオリンピックまで、世界最大級のフォトエージェンシーであるゲッティ イメージズが選んだ2012年のベストショットをまとめました
  • デイリー連載「激撮!感動の一瞬」

    心揺さぶる瞬間をとらえた“一枚”を毎日お届けします

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト