ネット界の“旬”なニュースをお届け!

パズドラ人気の秘密は「単純さ」

2013.02.25 MON

噂のネット事件簿


全国大会開催も決定した『パズル&ドラゴンズ』。『パズドラ』は対戦型ゲームではないので、タイムアタック大会となる模様 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
累計900万ダウンロードを突破し、大ヒットを記録しているスマートフォン用アプリ『パズル&ドラゴンズ』(以下、『パズドラ』)。配信するガンホー・オンライン・エンターテインメントの2013年1月の売上は85億円で、『パズドラ』配信前の2012年1月のおよそ10倍になったという。

単純なパズルゲームとRPGを融合させた『パズドラ』は、基本的に無課金でプレイできるが、魔法石というアイテムを購入することで、ゲームを有利に進めることが可能。しかし、ゲームを進めるなかで魔法石を入手できるチャンスはあり、無料でも充分プレイできるのが特徴だ。

とにかく大ヒット中の『パズドラ』だが、その人気の秘密はどこにあるのだろうか。2ちゃんねるの「『パズル&ドラゴンズ』 ガンホーが月商85億円wwwww」というスレッドでは、こんな意見が投稿されていた。

「一見頭を使うパズルゲーのように見えて、基本的にLvとパラメーターで殴り合う単純なゲームなのよ」
「スマホ持ってるやつはやってみろ
底の浅いパズルの繰り返しだがモンスターのカードコンプしたり成長させたりするのにハマるとやめられなくなるかもなw」
「パズドラ特に面白くないけど
スマホ、アイポンは常にポケット入れてるってのがでかすぎる
大学の講義の間とか、ちょっと暇なときって皆あるからなぁ」(編集部注:アイポン=iPhoneのこと)
「日本人が好きなちまちまユニットを成長させる要素もあるし、適当にパズルやっても偶然連鎖続いて爽快感があったり、無料ガチャでのレア掘りもあるから良くできてるわな(後略)」

ゲームシステムに対して「すごい」「奥深い」などといった意見はあまり見当たらず、むしろ「単純で簡単で手軽」といった意見が多かった。どうやら、誰でも気軽にプレイできる単純さこそが受けているようだ。

そんな『パズドラ』だが、4月29日に東京ドームシティ内プリズムホールで行われるイベント『パズドラファン感謝祭2013』で、『第1回パズドラジャパンカップ』という全国大会の開催も決定。まだまだ、『パズドラ』人気は、盛り上がりそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト