ネット界の“旬”なニュースをお届け!

67歳が作った紙製ガンダムがすごい

2013.03.01 FRI

噂のネット事件簿


福井市の67歳男性が作った紙製のガンダム。分解して持ち運べるようになっているという ※この画像はサイトのスクリーンショットです
福井県に住む67歳の男性が紙で作った全高2メートルのガンダムが、ネット上で話題を呼んでいる。

福井新聞ウェブ版の記事によると、その紙製ガンダムは福井市内の「つばき児童館」に展示されているもので、同市に住む内田誠次さんが作ったものだという。定年退職後に趣味としてペーパークラフトを始めた内田さんは、「大作に挑戦したい」と思い、ネット上で無料公開されていたパーツの設計図をもとに、ペッパークラフト版の、「ユニコーンガンダム」を作ったとのことだ。

A4判クラフト紙をおよそ600枚使い、2カ月ほどで完成させた紙製ガンダムは、かなりの力作。パッと見ただけでは、精巧なプラモデルといわれても、簡単に信じてしまいそうなくらいのハイクオリティな作品となっている。

そんな紙製ガンダムについて、2ちゃんねるには「福井県のおじいちゃん(67)が2mの紙製ガンダムを作成し話題に」というスレッドが立てられた。このガンダムを見たネット住民たちは、

「うをっ、すげぇ…
このまま、趣味の道を極めて貰いたいわ」
「予想外にすげえ
これ欲しがる人多そうだし普通に商売出来るだろ」
「ゴワゴワしたファーストガンダムを想像した自分が恥ずかしい…」
「ゲラゲラ笑おうと思って来たのに(´・ω・`)」

などと、予想をはるかに上回るクオリティの高さに驚くとともに、絶賛の嵐となっている。

つばき児童館のサイトでは、紙製ガンダムの写真が掲載中。さらに、「今、児童館には紙で作った2メートルのガンダムユニコーンが展示してあります。お友達と見に来てくださいね」とのメッセージも寄せられている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト