ネット界の“旬”なニュースをお届け!

埼玉とジオン公国が姉妹都市提携?

2013.03.13 WED

噂のネット事件簿


注目度の高い「ジオン公国と姉妹都市提携案」。ツイッターでは、埼玉新聞の記事に関する投稿が3000件を超えている(3月12日18時現在) ※この画像はサイトのスクリーンショットです
3月8日に開かれた埼玉県議会予算特別委員会で、自民党の田村琢実県議会議員がアニメ『機動戦士ガンダム』に登場する「ジオン公国」と姉妹州省提携を結んではどうかと提案し、話題を呼んでいる。

埼玉県は『らき☆すた』や『クレヨンしんちゃん』の舞台となっていることから、これまでアニメを題材とした地域振興が行われてきた。今回の「ジオン公国」との提携案も観光振興を目的としたもので、埼玉新聞によると上田清司知事も「試す価値は十分にあると思う」と前向きな姿勢を見せているという。

とはいうものの、「ジオン公国」はあくまでも架空の国家。実在する埼玉県との提携となると、かなり型破りな試みとなる。このニュースに関する2ちゃんねるのスレッド「埼玉県、ジオン公国と姉妹提携へ」を見ると、

「ワケが分からんw」
「架空の国と提携してどうするの」

と、理解しがたいと感じるネット住民が多いようだ。また、「ジオン公国」は作品中で地球連邦軍に対し独立戦争を仕掛ける独裁国家として描かれていることから、

「ジオン公国がどういうとこかわかって言ってんのかな」
「人類の約半分を死に至らしめたジオン公国と姉妹都市って…」

などと、心配する声もちらほら出ていた。

しかし、その一方で面白い試みだと評価するネット住民もいたが、

「やるなら徹底的にやってみてくれ
中途半端にやるから企画倒れになるんだ」
「ガチでやりきれたら国内外からの観光客を呼び込めそう」

と、姉妹提携を結ぶにしても、徹底的にやるべきだとの意見が多かった。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト