ネット界の“旬”なニュースをお届け!

男性のプロポーズ応援サイトが登場

2013.03.14 THU

噂のネット事件簿


ホワイトデーにオープンした「プロポーズゼクシィ」。ホワイトデーのプレゼントとして、プロポーズをするのもアリ!? ※この画像はサイトのスクリーンショットです
3月14日ホワイトデーに、結婚情報誌の『ゼクシィ』が“求婚男子”に向けたサイト「花開け!!求婚男子 プロポーズゼクシィ」をオープンした。その名前の通り、プロポーズに関する情報サイトだ。

『ゼクシィ』が既婚男性518人を対象に行った「プロポーズに関するアンケート」によれば、結婚の際に自分からプロポーズした割合は69.9%。約3割の男性はプロポーズせずに結婚しているという結果が出た。

一方で既婚・未婚の男性921人を対象に同誌が行った「プロポーズとエンゲージリングに関する調査」を見てみると、「プロポーズに対する悩みごと」について「いつプロポーズをすればよいのかわからなかった(悩んだ)」(30.5%)、「どんな言葉で伝えて良いのかわからなかった(悩んだ)」(30.0%)と答えている。調査からは、プロポーズの仕方で悩む“求婚男子”が多いことが読み取れる。

「プロポーズゼクシィ」のサイトでは、プロポーズの決断から決行当日までの流れに合わせて体験談などを紹介したコンテンツ「プロポーズダンドリ企画」や、アンケートデータ等をもとにプロポーズにまつわる疑問を解消する「プロポーズNEWS企画」、そしてタレントへのインタビューやマンガなどの連載でプロポーズにまつわる情報を提供する「プロポーズPICKUP」といったコンテンツで構成されている。

また、特に悩むことの多い“エンゲージリング”に関する商品情報や、指輪のサイズ選びやブランドについても詳細に紹介している。

同サイトの定義によれば、“求婚男子”とは「結婚の芽が出かけたアラサー男性」を指す。“求婚男子”たちの結婚の芽をのばし、花を咲かせ、女性にとって最高のプレゼントである“プロポーズ”を後押しする役目を同サイトが果たすことだろう。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト