ネット界の“旬”なニュースをお届け!

東大の推薦導入 否定的意見が多数

2013.03.15 FRI

噂のネット事件簿


報道について東大は「必ずしも正確ではないと思われる内容も見られます」と釘を刺したものの、「今月内に学内の検討がまとまり次第、できるだけ速やかに公表を行いたい」と述べている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
3月12日、東京大学が数年後を目処に後期日程の2次試験で筆記試験を廃止し、新たに推薦入試を導入する見込みであることが判明。最難関大学の思い切った決定に対し、賛否の声が上がっている。

東京大学は現在、前期と後期の2度の入試試験を行なっており、受験生はセンター試験を受けた後、東京大学の試験に臨むスケジュールとなっている。3月13日付けの朝日新聞によれば、今回の改革は、学歴偏重との指摘を受けた東京大学側が、「従来の型にはまらない学生をとりたい」(東京大学幹部)という目論見で行うもの。センター試験を受けたうえで、2次試験の合否は高校の調査書や面接によって判定するという。

私立大学などでは、すでに推薦やAO入試などペーパー試験に頼らない入学試験を経た合格者がかなりの数に上るが、これまで東京大学には推薦入学の制度はなかった。それゆえ「筆記試験廃止」という決定は大きな反響を呼び、Yahoo!ニュースの時事通信の記事には1500件以上のツイートが殺到。その内容を見てみると、

「ありやな。むしろおそい。同じような人間なんて、何人もいらんからな」
「まあ筆記試験だけで判断できない面はあるだろうからね」
「これもたぶん国際化路線の一環なんだろうね」

と、決定に賛意を示す意見もあるものの、

「明らかに学力は下がるだろうな」
「トップの壁は、高くあり続けるべきだと思う」
「何故に学力で入試はいけないみたいな風潮に?」

など、ネット上では批判的な意見が圧倒的に多い。

東京大学は秋入学への移行に関しても積極的な立場をとっており、2017年度にも秋入学へ全面移行する方針を発表している。こちらに関しても否定的な意見は存在し、ネット上には「東大の秋入学移行に反対する東大教員有志の会」というHPも存在するが、今回の推薦導入に対する否定的意見の多さはそれ以上。合格者数が予備校や高校の評価を決めるブランド大学だけに、推薦方法に対しては高い透明性が求められそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト