ネット界の“旬”なニュースをお届け!

17歳のアプリ 約30億円で買収

2013.03.29 FRI

噂のネット事件簿


「Summly」のウェブサイトにアップされた動画で、サービスを紹介するNick D’Aloisio氏。「まさにアメリカンドリーム」との声も ※この画像はサイトのスクリーンショットです
米Yahoo!が、17歳の少年が開発したアプリを3000万ドル(約28億2560万円)で買収し、ネット上で話題になっている。

25日、米Yahoo!は、公式ブログで、Web上のニュースを要約するアプリ「Summly」を買収したことを発表。同ブログで、「Summly」がイギリス人のNick D’Aloisio氏が15歳のときに開発したもので、好きなサイトや興味があるトピックスのキーワードを登録すると、それに合ったニュースを自動で探し出し、ユーザーがよりたやすく短時間で記事を読めるように記事を要約するというサービスであることが紹介している。Nick D’Aloisio氏は現在17歳で、米Yahoo!の社員になるという。

Summly公式サイトによると、数カ月で9000万記事に利用され、アップルが選ぶ2012年のベストアプリに選ばれたというこのアプリ。「17歳の少年開発したアプリが秀逸で、Yahoo!が28億円で買った」というニュースは、日本のネットユーザーの注目もおおいに集め、買収について『ガジェット速報』が紹介すると、ツイッター上では、

「この才能がうらやましい!!」
「すっげぇなぁ…」

と、少年の能力に感嘆する人が続出。さらにはどんな少年がこのすごいアプリを作ったかと調べた人がNAVERまとめに「ヤフーにアプリ買収された17歳少年が語る成功までのプロセス」として、“ある時、Google検索に非効率さを感じた”“ Twitterを始めた時に情報の煩雑さを感じた”などとまとめると、7万を超えるページビューと大人気のページになっている。

なお、同アプリは日本のApp Storeでは配布されておらず、

「米ヤフーが目をつけるほど使い勝手がいいのか」
「使ってみたい」

と、日本のユーザーからも実際の使用感が気になるという声があがっていた。しかし、買収されるにあたり、25日、アプリはアメリカのApp Storeからも削除された。今後はYahoo!のプロダクトに取り込まれた後、改めてリリースされるとのことだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト