参加経験者100人&仕掛け人に聞く

「街コン」攻略のカギは○○!

2013.04.04 THU


日本で婚活が盛んなように、中国でも婚活が活気を帯びている。中国の結婚適齢期の人口は一億人を超え、各地で「独身市場」をターゲットにした商品や各種イベント、婚活サイトが活況を呈している。昨年には上海で1万人が参加するイベントが開催された 画像提供/ChinaFotoPress/GettyImages
1月159回、2月241回、3月259回。これは街コンポータルサイト「街コンジャパン」が集計した全国の街コン開催数。いかに多くの街コンが開催されているか、おわかりいただけるだろう。となれば気になるのは、街コンの成果。なかには、「街コンで出会った子が実はキャバ嬢で、店に連れて行かれた…」なんて話もあり、本当に恋のきっかけが芽生えるのだろうか?

そこで街コンの実態について参加経験者100人(男50人・女50人)にネット調査をしてみた。まず、「街コン」の満足度を聞いたところ、「とても良かった」「どちらかといえば良かった」の高評価組が64%。一方、マイナス評価組は36%という結果に。大半は満足しているものの、3人に1人が不満を抱いている点は見逃せない。

不満の理由としては「出会いがなかった」(52.8%)や、「落ち着いて話せなかった」(36.1%)が上位を占めた。詳しく男性陣に聞いてみると、「さくらと思えるような人ばかりで楽しくなかった」(29歳)、「女性が足りず、男4女2の席に通された」(27歳)など残念エピソードが続々。さらに女性からも、「席に着くたびに同じ質問と会話で疲れた」(30歳)、「下心丸出しな男性陣ばかりだった」(25歳)などの声が…。

では、失敗しないためにはどうすれば? 「街コンジャパン」のプロデューサー・大木隆太郎さんに聞いた。

「街コンは移動が多いので、まず参加店舗とエリアの地理を事前に調べておきましょう。女性をリードでき、時間のロスも防げます。また、女性がペアで『食べ物を取りに行く』と言ったらもう戻ってこないかもと心得て。すかさず連絡先を聞かないと二度と会えなくなります。他にも“開催実績が多く”“自治体や企業の後援があり”“300人程度の規模”の街コンを選ぶのが初心者にはオススメですよ」

これらを参考にいざ街コンへ!
(キンモク星司/short cut)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト