ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ホリエモンが2ちゃんを事業化?

2013.04.02 TUE

噂のネット事件簿


服役中も、堀江氏の手紙をもとにスタッフの代筆によって更新されていた堀江氏のブログ。堀江氏本人によって更新される日も近いかもしれない ※この画像はサイトのスクリーンショットです
旧証券取引法違反の罪に問われて服役していた “ホリエモン”こと堀江貴文が、3月27日に1年9カ月の服役生活を経て仮釈放された。堀江は、同日に都内で会見。今後の展望や新事業などについて語った。そして、会見で語られた“新事業”の内容がネット上で注目を浴びている。

その内容は、「ネットを使った新しいニュース批評の事業化」。具体的な事業内容はまだ明らかになっていないが、この言葉に食いついたのが2ちゃんねるユーザーだ。堀江氏の新事業について2ちゃんねる・ニュース速報板のスレッド「ホリエモン『ネットを使ったニュース批評を事業化したい』 ここだろν速だろ?」に書き込まれた声は以下の通りだ。

「ニュー速もとうとう表に出る時が来たな」
「雇ってくれ(35歳男性・無職)」
「お前ら全員社員か…胸熱だな」
「ついにν速民の力を見せる時が来たということか」
「俺の出番かと思ったが、よく考えたらまともな批評なんて書き込んだ事がなかった」

このように、揶揄するようなコメントが多く集まっている。

ニュース速報板とは、2ちゃんねるを代表する掲示板のひとつ。現在では専任の記者だけがスレッドを立てられる「ニュース速報+板」もあり、日々ニュースサイトに掲載される様々なニュースに対して多くのユーザーによる分析や賛否の声が書き込まれている。ニュース速報板で行われていることは、まさに「ネットを使ったニュース批評」であると考えるユーザーが多いようだ。

スレッドにはさらに、「そんなもん事業化した時点でおしまい」と辛らつな批判の声も書き込まれているが、その一方で「ホリエモンの構想力と実行力と実現力はすごいと思う」という期待の声も見られる。

具体的な事業内容は今後堀江氏の動向の中で明らかになるだろうが、批判の声も含めて、仮釈放後の堀江氏に大きな注目が集まっていることは間違いないといえるだろう。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト