ネット界の“旬”なニュースをお届け!

4.1嘘つかぬSBが話題の中心に

2013.04.03 WED

噂のネット事件簿


孫正義氏お得意の自虐ネタにネット住民も鋭く反応 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
ネット上では、例年4月1日に様々なエイプリルフールネタを公開するのが恒例行事。今年も秀逸なエイプリルフールが多数登場したが、もっとも話題となったのはエイプリルフール以外のネタだった。

ともすれば加熱する傾向もあるネット上の4月1日の盛り上がり。今年も、「YouTube終了」「バック・トゥ・ザ・フューチャー Part4」「Googleマップが宝の地図に」「Twitter有料化」など、あらゆる企業がサイト上でエイプリルフールに参戦し、ツイッターでも著名人たちが

「手足が生えてきた」(乙武洋匡氏)
「僕の精神異常迷惑ツイッターにこれまでお付き合い下さり、本当にありがとうございまし」(橋下徹大阪市長)

と、エイプリルフールに便乗。なかでも乙武氏の「手足が…」は1万6000件以上もリツイートされ

「笑っていいのか迷う」
「先生、もう、勘弁してください」
「超えちゃいけないライン…」

と、なんとも微妙なリアクションのツイートがネット上にあふれかえった。

だが、これだけ多くのサイトがエイプリルフールネタを披露するなか、もっとも話題となってしまったのは、ソフトバンクのプラチナバンドの特設サイト。これは、同社がスマホ通話接続率やスマホパケット接続率などのデータを第三者機関のデータにより提示し、プラチナバンドの優位性を説明したもので、エイプリールフールとは関係のない内容だ。しかし、「接続率No.1はソフトバンク。予想外ですよね?」「わたしたちも意外でした」といった自虐的なフレーズが添えられていたため完全にネタ化し、2ちゃんねるには、

「ソフバンが一番面白いな」
「CMもやってるしな
気合いが違うわ」
「こういうすぐ分かるやつじゃないとな」
「久しぶりに面白いエイプリルフールネタ見た」

と、ソフトバンクの特設サイトをエイプリールフールと解釈した“悪ノリ”の書き込みが多数登場。かくして2013年のエイプリルフールは、「エイプリルフールにまったく便乗しなかったサイトが一番話題になる」という、ネットユーザーの想像を超える展開で幕を閉じた。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト