ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「日本の国土っ娘」キャラ誕生?

2013.04.19 FRI

噂のネット事件簿


「ヤパニ」とは「日本」を指し、「ネイト」は「娘」を意味する ※この画像はサイトのスクリーンショットです
フィンランドの子どもたちが日本を擬人化した国土擬人化キャラ「ヤパニネイト」のクオリティが高いとして、ネット上で話題となっている。

これは駐日フィンランド大使館がTwitter上で公開しているもので、Twitterのまとめサイトtogetterにまとめられている。そもそもの発端は、2012年春に同大使館がTwitterで開催したフィンランドの国土擬人化キャラクター「スオミネイト」のイラストコンテストにある。「スオミネイト」は古くからフィンランドに伝わるキャラクターで、国土の形を模した、金髪碧眼の美しい乙女のことを指す。

同大使館が新しいスオミネイトのイラスト応募を呼びかけたところ、“日本の漫画の力でより魅力ある姿へと生まれ変わった作品の数々”(同大使館)が集まり、日本だけでなくフィンランドでも注目された。それを受け、作品が展示されたヘルシンキ市内の文化センターの芸術コースで漫画の描き方を習う子供たちが、日本から贈られたスオミネイトへのお礼として、「ヤパニネイト」を描くことにしたのだという。

寿司や桜といった日本らしいモチーフが国土の形のなかにデザインされているもののほか、錦鯉のうろこの模様が日本の形をしているなど、日本のことを入念に研究している姿もみえるイラストの数々に、Twitter上でも

「うめぇなぁ!」
「なかなか良いセンスしてんじゃん」
「おもしろい」

と感嘆する声が続出。4月16日に公開されたtogetterの「フィンランドの子供たちが日本を擬人化しました」ページは、18日9時時点で2万1837PVと閲覧回数を伸ばしている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト