ネット界の“旬”なニュースをお届け!

感動呼ぶ川崎・イチローの熱い再会

2013.04.24 WED

噂のネット事件簿


メジャー昇格直後でありながら、一生懸命プレーする姿やユーモアあふれる振る舞いで、川崎はトロントですでに大人気選手となっているようだ ※この画像はサイトのスクリーンショットです
日本時間4月20日朝に行われたアメリカ・メジャーリーグのニューヨーク・ヤンキース対トロント・ブルージェイズ戦で、ヤンキースのイチローとブルージェイズの川崎宗則が久々に再会をはたし、試合前にグラウンドで熱い“ハグ”を見せた。そんな2人の姿に、一部のネットユーザーが感動している。

ネット上では、川崎の“イチロー愛”は有名だ。これまでに川崎はメディアの取材で、イチローを異常なほど敬愛する発言をしており、日本時代やWBC日本代表ではイチローの背番号として有名だった51(当時)の次の番号である52を必ずつけていたほど。

2012年から、シアトル・マリナーズでイチローと同じチームでプレーしていた川崎だったが、同年7月にイチローはヤンキースへと電撃移籍。この時日本のネット上では、「川崎は大丈夫か?」という心配もされていたが、シーズン後に川崎は自由契約となり、2013年3月にブルージェイズとマイナー契約。4月にメジャーに昇格し、今回対戦相手としてイチローとグラウンドで再会するに至ったのである。

そのような経緯を知るユーザーたちは、時事通信社によって2人の抱擁する姿が報じられると、2ちゃんねる・なんでも実況J板に立てられたスレッド「【悲報】イチロー、川崎に熱い抱擁」に、

「ホモリンめっちゃ嬉しそうやん!」
「もう離さないって感じやなこれ」
「なんかネタ抜きで幸せな気持ちになった」
「ええ話やで……冗談抜きで感動モノやろ」
「川崎むちゃくちゃ嬉しそうで、こっちまで嬉しくなるわ
頑張ってメジャーに這い上がってきた甲斐があったなあ」
(全て原文ママ)

など、感動コメントを多く書き込んだ。「悲報じゃなくて朗報だろ!」というスレッドタイトルへのツッコミの声も散見される。2人の抱擁は、多くのユーザーにとって感動を呼ぶ朗報だったようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト