ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ダイオウグソクムシの生中継が人気

2013.05.02 THU

噂のネット事件簿


「気持ち悪い」と言って差し支えないダンゴムシの仲間がネットでは大人気!? ※この画像はサイトのスクリーンショットです
ダンゴムシの仲間の水槽にカメラを入れ、60時間ネットで生中継する──。思わず「誰が見るの?」と言いたくなるような生中継が「ニコニコ生中継」で実現し、多数の視聴者を集めている。

今回、生中継が行われたのは、三重県鳥羽市の鳥羽水族館で飼育されている「ダイオウグソクムシ」の水槽。ダイオウグソクムシは、メキシコ湾の深海の海底に生息している体長19~36センチ程度の世界最大の等脚類(ダンゴムシの仲間)で、飢餓状態に極めて強く、同水族館によれば2009年1月以来絶食状態が続いているという。

ダイオウグソクムシの生中継は今回が2回目で、前回の48時間生中継は、来場者数が74万7314人、コメント数が132万4090件に上り、ツイート数もおよそ1万4000件を記録。今回の「60時間生中継」も、5月1日16時現在、来場者数が46万5758人、コメント数が54万5152に達する大人気コンテンツとなっている。

気になる中継の内容だが、画面を見ていても、基本的に目立ったアクションはなく、「ニコニコ生中継」のコメント欄を見てみると、

「最後までこの格好かもね」
「動きがあったら連絡する」
「なんだろう。ずっと見てると可愛く見えてくる」
「全然うごかねぇな」
「俺、何やってるんだろ……」

と、コメントの大半は特に盛り上がりもなく、ダイオウグソクムシを静観しているもの。しかし、視聴者からは「なんかおちつく」「ペットの水槽を眺めてる感じ」といった声も上がっており、一度見てみるとハマってしまう不思議な魅力があるようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト