ネット界の“旬”なニュースをお届け!

iOS 6パノラマ機能でホラー写真

2013.05.03 FRI

噂のネット事件簿


もしかすると、失敗を楽しめるユーモアあるセンスが、アートを進化させる…ともいえる!? ※この画像はサイトのスクリーンショットです
2012年6月11日に発表したiOS 6で新たに追加された、パノラマ撮影機能。iPhone 4S、iPhone 5で最大240度のパノラマ写真が撮れるという機能だが、シャッターを押して、左から右へゆっくりiPhoneを動かすことで映像を読み込んでいくため、対象物が動いてしまうと、画像にゆがみが出てしまうことが指摘されていた。

しかし、そんな“ゆがみ”を逆手にとり、「面白写真」としてまとめたページがある。「AcidCow.com」の「Panoramic Photo Fails」だ。人の体がエイリアンのように長細くなっていたり、人の下半身が消えていたり、猫の胴体がムカデのように長く伸び、何本も足が生えて写っていたり…と、ブレたり見切れたりすることでホラーのような現実とかけ離れた写真を共有している。本来、こうした写真は“失敗写真”なのだがユニークな作品として楽しむユーザーも多いようだ。

ちなみに、パノラマ撮影機能を使いこなした“成功写真”は、NAVERまとめに「iPhone5のパノラマ撮影で撮影された綺麗な画像まとめ」というまとめがあるのでご紹介しよう。

・新丸ビルから東京駅丸の内口を俯瞰した図
・萩の東光寺
・北アルプス・涸沢の紅葉
・ディズニーリゾート

などが、通常モードの撮影なら収まりきらない構図で撮影されている。また、「縦のパノラマ撮影も可能」として、東京スカイツリーの撮影に挑戦したユーザーもいるようだ。

こうして撮影されたパノラマ写真を見てみると、画像の継ぎ目がなくきれいで、圧巻。iPhone4S、iPhone5を持っていてまだ使ったことがないという人は、一度挑戦してみてはいかがだろうか。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト