ネット界の“旬”なニュースをお届け!

11億ドル買収のタンブラーとは?

2013.05.23 THU

噂のネット事件簿


創業者のデビッド・カープ氏はまだ26歳。「高校中退」「日本びいき」という情報も話題を集めている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
米Yahoo!が5月20日、ソーシャルブログのTumblr(タンブラー)を約11億ドル(≒1130億円)で買収することで合意に達したことを発表した。 そもそもTumblrとは、いったいどんなサービスなのだろうか?

Tumblrは、2007年にアメリカで提供が始まった“ソーシャルブログ”と呼ばれるサービス。ネット上で見つけた画像や文章、音声、ニュースなどを自由に保存することができる「ネット上のスクラップ帳」とでもいうべきサービスで、他人が保存した情報を見ることもできる。11年からは日本語版も提供されており、メールアドレスとアカウント名、パスワードを登録すれば、すぐに利用できる。

今回の買収により米Yahoo!は、月間のユニークビジターが3億人というTumblrを傘下に収めた。特に話題となっているのは、米Yahoo!のメイヤーCEOが発表した「ぶち壊しにしないと約束します」というコメントだ。これは、05年に米Yahoo!が買収した写真共有サービス「Flicker」のことを示唆しており、同社はTumblrを独立運営させることを明言している。

ネットユーザーからは、

「Marissaおばさん(編集部注:※Yahoo! CEOのマリッサ・メイヤー氏)の手腕が本当に見られるときが来たようだ」
「いやああ!!と思ったけど。上手くいくといいな」
「どう良くなるのか楽しみにしよう!」
(すべて原文ママ)

など、「買収されたことによって、Tumblrのサービス等がどう変化していくのか」という、期待と不安の入り混じった声が多く上がっている。また、

「うちのtumblr更新しなきゃなあ」
「タンブラーはアカウント持ってるけど放置してた」
「Tumblrもっと活用したいな」

と、これを機にサービスをもっと使ってみようという内容の声も多く、日本におけるTumblrの存在感は早くも増しているようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト