ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ガリガリ君コンポタの入浴剤が登場

2013.05.31 FRI

噂のネット事件簿


アイスキャンディー型入浴剤「ガリガリ君入浴剤Cooling」。アイスキャンディーをイメージさせる形をしており、“バー”には「当たり」が書かれていることもあるという ※この画像はサイトのスクリーンショットです
バンダイは、人気のアイスキャンディー「ガリガリ君」をモチーフにした入浴剤「ガリガリ君入浴剤Cooling」を発売すると発表した。

2007年から発売されている「ガリガリ君入浴剤」シリーズの最新作となる「ガリガリ君入浴剤Cooling」。「ソーダ」「梨」「コーンポタージュ」「シャリシャリ君」の4種類が販売される。

なかでもネット上で特に話題となっているのが「コーンポタージュ」だ。ツイッターでの反応を見ると、

「コンポタの入浴剤とか…意味わかんない」
「ちょっとやり過ぎ感もあるんですが」
「ソーダは涼しそうだけど、コンポタは…何だかねっとりしそう…」
「ええ!コンポタの中に入るの?オエッ」

などと、理解に苦しむネット住民も少なくないようだが、注目を集めていることは間違いないだろう。

ガリガリ君とお風呂のコラボというと、神奈川県箱根町の温泉テーマパーク「箱根小涌園ユネッサン」では今年4月27日から5月27日まで、「ガリガリ君コーンポタージュ風呂」という特別企画が開催されていた。コーンポタージュの香りがする入浴剤を使ったお風呂を設置し、1日に4回本物のコーンポタージュソースを投入するパフォーマンスも実施したという。

“夏の定番アイス”ともいえるガリガリ君。赤木乳業の会社案内には「開発当初から何よりもたいせつにしてきたこと。それは『遊び心』でした」とあるが、“コーンポタージュ味”も、そんな遊び心の結晶といえるのかもしれない。それがバンダイの手によって「入浴剤」となったのは、まさに遊び心のコラボレーション。ファンの注目を集めるのも納得だ。

既にネット上では話題となっている「ガリガリ君入浴剤Cooling」のコーンポタージュ。発売は6月5日からとなる。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト