ネット界の“旬”なニュースをお届け!

女性手帳見送りで別の方策求める声

2013.05.31 FRI

噂のネット事件簿


当面の配布が見送りとなった「女性手帳」。今後、専門の研究班を設けて、妊娠や出産に関する知識を広める方策などを検討するという ※この画像はサイトのスクリーンショットです
政府は、妊娠や出産に関する正しい知識を広めることを目的として若い女性向けに導入を検討していた「女性手帳」(仮称)の配布を見送る方針を固めた。

深刻な少子化が問題となっている現在の日本において、晩婚・晩産に歯止めをかける狙いがあった「女性手帳」。高齢出産におけるリスクを啓蒙し、30代前半までに出産することが医学的に望ましいということを周知する目的があったという。

しかし、ネット上ではこの「女性手帳」に対して批判的な意見も少なくなかった。ツイッターを見てみると、

「何歳で妊娠?人生設計考えてって、それがプレッシャーになるのがわからないかなぁ?どんだけ女を追い詰めたら気がすむの」
「女性手帳とやら、理念は悪くないと思うのだけど、男性は細かいことは考えなくていいと? という疑問はあり。男子にも男子手帳を作るとか、もしくは人生手帳という形ですべての子供たちにやらせるべきだと思う」
「いや、一人では結婚も妊娠もできませんから。女性だけが焦ってもしゃあないので。女性だけの問題でないことに気づくことが一番大事」

などと、少子化が“女性だけの問題”であるかのように感じられてしまうのではないか、出産についての人生設計を国が提示することがプレッシャーになるのではないか、などと指摘されていた。

そんな批判を受けたこともあって、導入見送りとなった「女性手帳」。2ちゃんねるニュース速報板+の「【政治】不評の「女性手帳」当面配布見送りへ」というスレッドでは、

「配布はしなくてもいい
ネットで公開してほしい」
「適齢期手帳とか何とか名前を変えて、男側の年齢劣化情報書き加えて
女だけじゃなく30までの男女両方に配布したら万事解決」
「普通に保健体育で全員に教育すればいいだけの話。
女性手帳って行って女にだけ配るのがオカシイ」(原文ママ)

といった意見もあり、女性だけに“手帳”を配布するという形ではない方法での啓蒙活動の必要性を訴える声も多い。

デリケートな問題であるとはいえ、少子化が日本にとって大きな課題なのも事実。より良い形での解決策が求められるところだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト