ネット界の“旬”なニュースをお届け!

統一球問題「隠す必要ある?」の声

2013.06.14 FRI

噂のネット事件簿


日本野球機構のウェブサイトには、「試合球 大好評発売中!」とかかれている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
横浜DeNAのブランコがプロ野球記録ペースでホームランを量産するなど、野球ファンの間で議論されていた「統一球がよく飛ぶようになったのでは?」という疑惑。これについて、日本野球機構(NPB)が6月11日、ボールを製造するミズノに、反発係数、別名はねかえり係数を上げるように指示していたことが判明。プロ野球ファンからは、怒りと失望の声が上がっている。

プロ野球の統一球は、「球団によって使うボールが違う」「国際試合で使用される球との差異」などの問題を解消するため、2011年から採用された。しかし、反発係数が抑えられた統一球の導入により、ホームランが大幅に減少したため、野球ファンの間では「試合が面白くない」「これが本来の姿」と、統一球が議論の対象に。そんななか、NPBは2013年シーズン用のボールからミズノに反発係数を高めるよう調整を指示し、なおかつそれを公表しないことを要請していたという。

このニュースはプロ野球ファンの怒りを一斉に買い、2ちゃんねる「芸スポ速報」板のスレッド「【野球】NPB 統一球を今季開幕より変更し、昨季より飛ぶ球を使っていることをようやく認める ミズノ社に対しては隠蔽を指示★」は9スレッド目(書き込み数8000件以上)に達している。書き込みを見てみると、

「こういうことをやるから野球人気が低下するのに」
「ファンあってのプロ野球なのに、ファンをだますとか」
「がっくりきた。騙された感覚やわ」

と、怒りを露わにする声もあるものの。

「まぁそうなんだろうなって思ってたし気にはしないけど
隠した連中は叩かれるべきだろ」
「そもそも何故隠す必要があったのだろうか」
「始まる前に言っとけばなんの問題もなかったものを」

と、これまで公表していなかったことに怒りを覚えるファンが少なくない。

今回の件に関し、選手会会長の嶋基宏(楽天)は「何も知らされずに今までプレーしてきたのが寂しい」、前会長の新井貴浩(阪神)は「ファンの方や選手にちゃんとした説明責任を果たしてほしい」と述べ、現場の選手からも怒りと落胆の声が上がっている。2012年に産経新聞が行った調査では、79%が「統一球の導入を評価」しており、「再び以前の“飛ぶボール”に戻すべきか」に賛成しているのは21%のみ。NPBの処置は、こうした声も無視した形だ。NPBの加藤良三コミッショナーは「調整されていたことを全く知らなかった」と語っているが、今回のような対応が、ファンと選手両方の大きな不信感を生んだことは間違いないようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト