ネット界の“旬”なニュースをお届け!

あざとすぎ?声優登場ゲームの広告

2013.06.19 WED

噂のネット事件簿


3人のキャラクターのうち最も左に写っているのが、話題の広告に登場している“しいなここみ”だ ※この画像はサイトのスクリーンショットです
Amebaがスマートフォン向けに配信中の恋愛カードゲーム『ガールフレンド(仮)』。2012年10月に配信を開始した同ゲームは、内田真礼・堀江由衣・日高里菜など70人以上の豪華声優陣が登場キャラクターを演じているのが特徴で、2013年6月には会員数が230万人を突破。着実に人気を伸ばしている。しかしそんななか、複数のスマートフォン向けサイトで6月上旬より表示されているバナー広告が、「あざとい」としてネット上で話題になっている。

その広告は、5月30日よりゲーム内で開催されている、登場キャラクター全91人の人気ナンバーワンを決定する「2013ミス聖櫻コンテスト」の中間発表をしている内容のもの(コンテストの投票期間はすでに終了)。中間発表では、“しいなここみ(椎名心実)”というキャラクターが1位になっているが、広告には同キャラクターの顔の下に「いれて欲しいな…」というコピーが書かれているのである。

この「いれて欲しいな…」は、コンテストに「投票してほしい」という意味が込められているのだと思われるが、キャラクターのルックスや表情から、卑猥な意味としてとることも可能なのだ。

そして、ネットユーザーには卑猥な意味でとっている人が多く、2ちゃんねる・ニュー速VIP板のスレッド「ガールフレンド(仮)の広告がwwwww」には、

「誘ってやがる」
「今からやってくる」

など、興奮している様子のコメントが書き込まれている。

しかし、それよりも多いのは、

「あざと過ぎて逆にエロくない」
「わざとひらがなにしてるんだろうな…」
「日に日にユーザー増えてるっぽいけど、やっぱ広告に釣られてやる奴が多いのだろうか」
(すべて原文ママ)

など、その“あざとさ”や広告としての“巧みさ”を指摘する声だ。

スレッドで書き込まれている情報によれば、過去にも同ゲームのバナー広告には「たまには手伝ってあげようか~?」や「お風呂に入ってました… あ、想像しちゃダメです!」などといった際どいコピーが入っていたようで、今回の「いれて欲しいな…」もそのスタイルを踏襲したものといえそうだ。

「あざとい」という指摘があるものの、そのバナー広告によって良くも悪くも注目を集めている『ガールフレンド(仮)』。ユーザーたちの注意を引くという点では、広告は成功しているといえるかもしれない。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト