ネット界の“旬”なニュースをお届け!

カープうどん食べる謎のおじさん像

2013.06.24 MON

噂のネット事件簿


カープのユニフォームにジャージという姿でカープうどんをすするおじさんのオブジェ。マツダスタジアムではこんな光景がよく見られるという… ※この画像はサイトのスクリーンショットです
広島東洋カープのホームグラウンド・MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島に、うどんを食べている謎のおじさんのオブジェが設置され、ネット住民たちの間で話題となっている。

人物オブジェとしては「CCダンス(カープの応援ダンス)を踊る売り子のおねえさん」に次ぐ第2弾となる「カープうどんおじさん」が設置されたのは5月のこと。カープのユニフォームを着たおじさんが、マツダスタジアムの定番メニューである「カープうどん」を立ったまま食べている姿を再現したオブジェで、かなりリアルな作りとなっている。ちなみに、「カープうどんおじさん」の視線の先には「CCダンスを踊る売り子のおねえさん」オブジェが立っている。

そんな「カープうどんおじさん」のオブジェについて、“広島カープ芸人”として知られるザ・ギースの尾関高文が6月19日にツイッターでつぶやいたことをきっかけにネットで拡散。リツイート件数は約1日で1000件を超えた。ツイッターユーザーたちは、リアルでシュールな「カープうどんおじさん」に、

「くっそwwwこれはやられたwww」
「カープうどんおじさんが出来るまでをNHKドキュメントで取材してほしい。 どうしてこんな狂った物ができてしまったのか気になってしょうがない」
「相変わらずお金の使い方がおかC!」

などと興味津々の様子だった。

広島カープの公式サイトによると、「今後も、マツダ スタジアムでよく遭遇するシーンを再現した本物と見間違えるような等身大の人物オブジェが登場します。お楽しみに!!」とのこと。まだまだ個性的な人物オブジェが登場することとなりそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト