ネット界の“旬”なニュースをお届け!

はてな看板犬死去で悲しみ広がる

2013.06.26 WED

噂のネット事件簿


死去が伝えられた日のエントリー。日記もいったん終了することがアナウンスされている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
はてな社のマスコット犬として活動してきた「しなもん」が、6月21日に死去。お悔やみの声が各所から寄せられている。

しなもんは、「人力検索はてな」やブログサービス「はてなダイアリー」、ソーシャルブックマークサービスの「はてなブックマーク」などを運営する「はてな社」の近藤社長の飼い犬で、長年にわたってマスコット犬として活動。同社サービス内で写真やイラストとしてたびたび登場し、ネットユーザーから愛されてきた。

2011年からは、しなもんの日常を写真付きで紹介する「しなもん日記」が公開されてきたが、6月22日「突然のお知らせになってしまいましたが、きのう、6月21日金曜日、しなもんが永眠しました」と、悲しみの報告が登場。エントリーには、老齢のために3月から腎臓の機能が低下していたこと、最後の散歩、苦しみ始めた様子、などの経緯が詳細に綴られており、コメント欄には

「こんなに愛された犬はほかにいないし、こんなにたくさんの人に愛情を届けた犬も他にいない」
「みんなに笑顔を与えてくれて、ありがとう」

「どうぞやすらかに眠ってね」

と、お礼とお別れの言葉が投稿されている。

この悲しみに満ちたエントリーは、ネットユーザーの涙を誘い、

「はてなが重くなってイライラしてる時に癒してくれてありがとう」
「俺がはてなでブログをはじめた理由のひとつがしなもん会長だった」
「大昔にあちらの世界に行った、うちのわんことも遊んでやって下さい」

と、ツイート数は1300件以上、「いいね!」も900件以上に到達(6月25日10時現在)。日頃は毒舌で知られるブロガーのやまもといちろう氏も、「お悔やみ申し上げます」「あー、駄目だ柄にもなく湿っぽくなるのでおしまい。みんなに見送られて、良かったね」と、お悔やみのエントリーを発表するなど、ネット界隈の各所から悲しみの声があがっている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト