ネット界の“旬”なニュースをお届け!

鳥山明 新連載開始?に期待の声

2013.07.01 MON

噂のネット事件簿


実際に鳥山明による「週刊少年ジャンプ」での連載が実現すれば、2010年50号の読み切り作品「KINTOKI―金目族のトキ―」以来、およそ3年ぶりのマンガ作品発表となる ※この画像はサイトのスクリーンショットです
『ドラゴンボール』シリーズや『Dr.スランプ』で知られる漫画家・鳥山明の新連載が『週刊少年ジャンプ』でスタートするという噂が拡散し、ネット上が騒然としている。

これは、ツイッターユーザーによって鳥山明の新連載を示唆する何らかの冊子のページを撮った写真がアップされたことで広まったもの。この写真では、『週刊少年ジャンプ』の創刊45周年を記念した新連載を3作品紹介しており、鳥山明の新作として『銀河パトロール ジャコ』というタイトルが記載されているのだ。「33号<7/13発売>開始」とも書かれており、ネット上では、“鳥山明の新連載開始”と受け止められている。

詳細な情報はまだ明らかになっておらず、出典を示す情報もないことから、画像の真偽は6月28日現在不明だが、この写真が拡散したことによって、ツイッターや2ちゃんねるではネットユーザーから早くも期待の声が多数書き込まれている。ツイッターで見られたユーザーの声の抜粋は以下の通りだ。

「鳥山明の新連載始まるんだ!!期待しかないな」
「ジャンプ新連載に鳥山明様降臨とかなにごと。読むわ」
「鳥山明新作って!アラレちゃんあたりの鳥山さんを思わせる作品になってほしいなー!」
「コラかと思ってスルーしてたけど鳥山明の新連載ってマジなんだね 短期連載っぽいけどまぁ期待しちゃうよね…ぐう楽しみ」
(すべて原文ママ)

しかし、このような声とともに多く見られるのが、絵のタッチに苦言を呈する声。いわゆる“デジタル塗り”と思われる同作の絵に、2ちゃんねる・ニュー速VIP板のスレッド「ジャンプの新連載に鳥山明wwwwwwwwwwwwwwwww」で寄せられた声は、

「デジ絵やめてくれえええええええええ!!!」
「頼むからアナログに戻ってくれ鳥山
デジタル致命的に向いてないよ」
「鳥山にCG教えたやつを許すな
と思ったけど作業が楽になったから描く気になった可能性もあるのか」
(すべて原文ママ)

など、“アナログ塗り”への回帰を求める声が多数となっている。

しかし、同スレッドには「とか言いながら期待してる素直じゃないお前ら」というコメントが見られ、まだ見ぬ新作に疑問を持ちつつも、大半のユーザーは結局のところ“大御所”の帰還に期待を高めているようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト