ネット界の“旬”なニュースをお届け!

千円札にミッ○ーが隠れてる?

2013.07.01 MON

噂のネット事件簿


スレッドには、「きづいちゃったね ハハッ!」というコメントもあるが、この「ハハッ!」も、ミッキーマウスの笑い声を文字にした定番のネタだ
「アメリカで発行されている1ドル札には、秘密結社フリーメイソンのマークが描かれている」など、紙幣に関する“都市伝説”はしばしばメディア等でささやかれる。国家が発行するものであり、複雑な模様が描かれていて様々な見方ができることから、そのようなネタになりやすいのだと思われるが、日本の千円紙幣についてネット上で新たな都市伝説が浮上している。

2004年11月1日から発行されている現行のものには、細菌学者の野口英世が表面に印刷され、裏面には「逆さ富士」と桜が描かれている千円紙幣。2013年6月26日に2ちゃんねる・ニュー速VIP板に立てられたスレッド「おい、お前らすぐに千円札を見てみろ・・」で話題になった新たな都市伝説は、そんな千円紙幣に“ミッキーマウス”が描かれているというものだ。

スレッド内で「ミッキーマウスがいる」とされているのは、表面の透かしの横の「日本銀行券 千円」と印字されている部分の背景。3つの花の模様がくっついている形が、ミッキーマウスのシルエットに見えるのである。

しかしこれは、あくまで「そのように見える」というだけのもの。もちろん、この模様がミッキーマウスを模しているという証拠が示されているわけではなく、ユーザーたちが“ネタ”で噂し合っているのである。そしてその“ネタ”は、以下に抜粋するコメントのような展開を見せている。

「あーあ、知っちゃったか」
「今すぐ消すんだ」
「あぁお前終わったわそれバラしたら
…ん?こんな時間に誰だろう」
「あ、本当やん!
千円にも隠れミッキーかよwwww
あれ?誰かきたかn」
「一万円札にも…
あれこんな時間に誰k」
(すべて原文ママ)

ネット上では、ミッキーマウスに関する噂を知ってしまったら“黒幕”の人に「消されてしまう」というネタが古くから展開されており、同スレッドでも、この都市伝説を流した人だけでなく、知ってしまった人たちの家にも“誰か”が来ているという設定でコメントが書き込まれている。いくつかのコメントがアルファベットで終わっているのは、文字を打っている途中に「消されてしまった」という“演出”である。

都市伝説といえるほどの信ぴょう性もないこの「千円紙幣にミッキーマウス」説だが、ユーザーたちが“ネタ”を共有していたことによって笑えるものとなっており、各まとめサイトにも取り上げられた同スレッドは人気スレッドとなっている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト