ネット界の“旬”なニュースをお届け!

図書館の女性用席、どう思う?

2013.07.22 MON

噂のネット事件簿


電車ではすでに“あたりまえ”の風景になった「女性専用」だが… ※この画像はサイトのスクリーンショットです
都市部の電車では、「女性専用車両」が定着した感があるが、台東区の根岸図書館が“男性の目があるので女性誌を読みづらい”という声を受けて女性専用席を設けたほか、共学の大学でも女性用カフェテリアを設置しているところがあることが話題だ。

NEWSポストセブンが「『男性占領して本読めない』と区立図書館に女性専用席設置」というタイトルの記事でこのことを報じ、ネット上で波紋が広がっている。2ちゃんねるに立てられたスレッドは5スレッド目に突入するほどの議論の白熱ぶりで、

「一言だけ言わせてもらうと『やり過ぎ』」
「男性専用も作れよ」
「これは“自意識過剰専用”だなw」
「公的な場にきておいて人目がとか馬鹿か
そんなに何でも自分の好きにしたいなら自分で買って自分の家で読めよ
そしたら他人のことなんか気にする必要ねえよ」

と厳しい意見が並ぶ。

そもそも図書館の女性専用席は、1988年にいち早く南千住図書館が取り入れていた。こちらは「ホームレス風の男性利用客が多かったことから、不安を感じるという女性利用者の要望を反映して」という経緯だが、現在は「差別だ」という声も多く、女性からも“女性だけを特別視するなんて女性差別だ”という意見もあるという。

Twitter上には

「女から見ても若干やりすぎなのではと思いますが、都会の図書館だとホームレスの人が涼みに来てソファー等を占領して寝てるという状況もある様です。そういった場合は一部の女性は怖がるのかなと思います」

という女性側の声も投稿されている。

「これは性差別なのではないか」という話題になると議論が盛り上がるのはネットでは定番の光景だが、やはり今回の記事に対しても、ネットユーザーたちが大いに反応している状況だ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト