ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「息子の童貞奪って」母親が募集

2013.07.26 FRI

噂のネット事件簿


広告は7月16日に投稿され、現在は削除されているようだ。お相手が見つかったのだろうか? ※この画像はサイトのスクリーンショットです
個人ユーザーによる「探しています」や「募集しています」などの三行広告を掲載するクラシファイドサイト。その世界最大級のサイトとして知られる「クレイグズリスト」に掲載された「脱童貞広告」が話題だ。

海外ニュースの配信サイト「IRORIO」に掲載された「『息子の童貞を奪ってくれた女性に新車を差し上げます』米クラシファイドサイトに掲載された広告が話題に」という記事によると、広告を掲載したのは、アメリカ・フィラデルフィアのある女性。広告のタイトルは「Sugar Baby for my Son」(息子にかわいい女の子を!)で、18歳になる自分の息子の童貞を奪ってくれる、19歳以下の女性を募集しているという。

息子については「高校時代クロスカントリーチームに所属しており、体脂肪率はゼロで超イケメン」とのこと。この秋ハーバード大学に進学予定の秀才だが、これまで彼女ができたことがないという。

母親は、そんな息子の童貞を奪ってくれた女性に「新車をプレゼントするほかどんな金額でも支払う」としており、ネットユーザーの間では、驚きが広がっている。

Twitter上では

「これ息子にバレたら人間不信になるだろ。 ところで体脂肪率0ってそれ人間じゃないよね? 」
「家の親もこれやってくれないかな(爆)」(原文ママ)
「なんか間違ってるよ、カーちゃん」

など、様々な意見がツイートされている状態。

現在広告は削除されており、ジョーク広告という可能性もある。とはいえその拡散の状態からは、衝撃を受けたネットユーザーたちが多かったことがうかがえる。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト