心揺さぶる“1枚”を毎日お届け

【激撮!】米首都ワシントンで「死体花」開花

2013.07.28 SUN

激撮


画像提供:ゲッテイ イメージズ(174239006, Win McNamee/Getty Images News)
アメリカ・ワシントンの国立植物園で7月22日、死臭を放つ花として知られる「スマトラオオコンニャク」が開花した。花の高さは約2.4m。インドネシアのスマトラ島を原産とするこの花は、「死体花」の異名を持つという。

予想外の開花をすることが特徴のこの花は、開花に合わせて強烈なニオイを発散する。確かに写真をよく見ると、花のそばにいる男性が服を使って鼻を押さえているのが分かる。

  • 写真で振り返る2012年

    東京スカイツリーからロンドンオリンピックまで、世界最大級のフォトエージェンシーであるゲッティ イメージズが選んだ2012年のベストショットをまとめました
  • デイリー連載「激撮!感動の一瞬」

    心揺さぶる瞬間をとらえた“一枚”を毎日お届けします

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト