ネット界の“旬”なニュースをお届け!

グーグルが原爆資料をネットで公開

2013.08.22 THU

噂のネット事件簿


公開された資料の中の1点「伸(しん)ちゃんの三輪車」。爆心地から1500mの地点で遊んでいた3歳の男の子が乗っていたもの ※この画像はサイトのスクリーンショットです
8月19日、Googleは、広島および長崎の原爆資料館の資料をネット上に公開した。

今回公開されたのは、広島市の広島平和記念資料館と、長崎市の長崎原爆資料館内で展示されている資料の一部。広島からは、広島に投下された原子爆弾や、投下直後に発生したきのこ雲、“黒い雨”に濡れたシャツ、斑点が出た兵士、焼け焦がれた三輪車、抜け落ちた頭髪など合計55点の画像、長崎からは、稲佐山中腹や浦上駅から街の風景を捉えた写真、半壊した浦上天主堂、爆心地の標識など176点の画像と1点の動画が公開されている。

Googleは2012年10月より、各博物館や資料館と協力して20 世紀の歴史的瞬間を物語る写真や文書、動画などの様々な資料を公開する「Google 歴史アーカイブ」というプロジェクトを進めており、これまでアンネ・フランクやノルマンディー上陸作戦、アパルトヘイト、エリザベス2世戴冠式などの資料が公開されている。

Googleの試みに対し、ツイッター上には、

「思い切ってGoogleストリートビューで館内を公開するほうが良いかも」
「広島も長崎も訪れ資料館にも足を運んだことあるが、全世界でそれを共有できる。すばらしい!」
「これは必見。涙出ます」

といった声があがっているが、

「素晴らしい! 何で日本のIT企業ができないのか?」
「素晴らしい活動だと思うが、日本企業がやって欲しかったな」

と、複雑な思いを抱いた人もいる模様。投下から68年目を迎え、当時の記憶のある人は少なくなっているからこそ、こうした取り組みを重要と考えるネットユーザーも多いようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト