ネット界の“旬”なニュースをお届け!

絶滅動物が切ない404ページ

2013.08.23 FRI

噂のネット事件簿


ドードーはかつてモーリシャス島に生息していた鳥で、乱獲のため1681年に絶滅したという ※この画像はサイトのスクリーンショットです
世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)の「404ページ」が“切ない”とネットで話題になっている。

404ページとは、ユーザーが“切れたリンク”をクリックしたり、該当ページが削除されていたり、あるいはURL のつづりを間違えて入力したりと、サイト上で存在しないページにアクセスしようとしたときに表示されるページのこと。そういったリクエストに応答する際、ウェブサーバーが、ページが存在しないことを示すコード「404」 を返すため、「404 ページ」と呼ばれる。

通常は「お探しのページは見つかりません」などという素っ気ない文面が表示されるだけのものだが、自由にカスタマイズすることも可能。カスタマイズすることにより、ページを開いたユーザーに対し、何らかの有益な情報をユーザーに知らせたり、遊び心あふれるデザインで楽しませたりすることができる。

話題となっている、WWFジャパンの「404ページ」に掲載されているのは、リョコウバト(1914年絶滅)やドードー(1681年絶滅)、オオウミガラス(1840年代または1850年代に絶滅)、カロライナインコ(1918年絶滅)などの絶滅動物の画像。「リョコウバトは、1914年に絶滅しました。世界中を探しても見つけることはできません」など、“ページが見つからない”ことと掛けたメッセージを掲載。動物が絶滅することの悲しさと、ユーモアを交えたページとしてネットユーザーからも高い評価を獲得している。

Twitter上では、

「アイデアやセンスが良い」
「ネガティブな要素も、WWFのウェブサイトにとっては重要な要素」

という評価がある一方で、「ちょっと複雑な気持ちになるなぁ」と、絶滅してしまった動物たちのことを思う声も。

ユーザーが絶滅した動物について知ることで、ハッキリ言葉にしなくても“今後絶滅しそうな動物を含め、動物を大切に”というメッセージを伝えられていることこそが、秀逸なページとされるゆえんだろう。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト