ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ブロガー・イケダ氏TVCMに進出

2013.09.03 TUE

噂のネット事件簿


アニメ『ドキドキ!プリキュア』の時間帯に放送されたというイケダハヤト氏出演のCM。対象もさることながら、そもそも「ノマド」という単語が、一般的にどれほど認知度があるのか… ※この画像はサイトのスクリーンショットです
「ネット論壇」が成熟しつつあるなか、ウェブを主戦場として様々なテーマを論じる“ITジャーナリスト”という肩書の人々が現れ注目を集めている。こうしたITジャーナリストたちは、ネット上での存在感に比べ、一般的な認知度はまだまだなのが特徴。だが、ITジャーナリストかつプロブロガーであるイケダハヤト氏がテレビCMに出演し、ネットユーザーの間で話題となっている。

イケダ氏が出演しているのは、フルタ製菓が発売中の「生クリームチョコ」のCM。そのCMでイケダ氏は

「革新とは何か? イノベーションとは何か?」
「世の中を見渡して、“これはおかしい”。そう考える人が出てきて革新というのが初めて起こるのです」

と、あたかも“スティーブ・ジョブズ風”にプレゼンを展開する。が、その映像にかぶるようにプレゼン内容と全く関係のない「生クリームチョコ」の商品が画面に登場。商品には「ノマドも社畜も生クリームチョコ」というキャッチコピーが添えられている。

フルタ製菓は8月28日、同社ブログで、「イケダハヤトさんへ、残念です。」というエントリーを発表しており、

「ブログの文面から推し量るに、もうひどい金切り声で、
キンキンうるさいお声なのだろうと覚悟をし
撮影には超高級耳栓を購入してのぞんだというのに」
「商品の録音中、監督の執拗なダメ出しに
何度も応じてくれるなんて、
なんで、そんなにいい人なんですか」
「おかげさまで、意識若干高めのTVCMができました」

と、CM撮影の裏側を綴っている。

イケダ氏を知らない大多数の一般人にとっては、何が言いたいのか、何が面白いのかさっぱりわからないCMだが、フルタ製菓のブログエントリーに対する「いいね!」は700件以上、ツイッターの引用も500件以上に達し、9月1日のCM放送後には、ツイッターのトレンドワードに「フルタ」の文字も登場した。

このCMは、「一般的には無名のネット論者がTVCMに出ることで、ネットの話題になることを期待する」という少々難解な構図だったと思われるが、その目論見は見事に成功したようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト