ネット界の“旬”なニュースをお届け!

高校授業でタブレット端末全員購入

2013.09.10 TUE

噂のネット事件簿


ハードのメーカーや導入するデジタル教材、最終価格は、入札で決定するとのこと ※この画像はサイトのスクリーンショットです
佐賀新聞ニュースは9月6日、来年度から全県立高校の1年生はタブレット端末を購入する必要があると報じた。県教育委員会によると生徒側の自己負担額は一律5万円で、超過分は県が補助するものの、各家庭の経済状況に配慮した補助制度は創設しない。端末の基本ソフトはWindows 8だという。

これについて、ネット上では批判の声が殺到し、波紋を広げている。Twitterでは、

「生徒負担5万円はあまりにも高すぎるんじゃないか?公立校なら家庭環境も千差万別だろうし。そもそも全員にタブレットを持たせる意味がわからん」
「入学時はそうでなくても金がかかるだろ。
分割払いじゃないと厳しい家庭も多いんじゃないか」
など、“生徒への負担が大きすぎる”というコメントが続出。2ちゃんねる・痛いニュース+板に立てられたスレッド「【佐賀】高校一年生にWindows8タブレット 自己負担は5万円」でも、

「5万円以下で個々にノートPCを買ってくださいスペックは~以上で
の方が後々を考えたらよくないか?」

など、購入させる端末についても様々な意見があがっている。

なお、同新聞ニュースの別の記事によると、佐賀県教育委員会では、情報通信技術に関する教育を進めており、タブレット端末を「標準教材」と位置づけているとのこと。さらに、県教育情報化推進室が実証校で試験導入し、iPadと比較検討したところ、Windows8のほうが導入費用が安かったことを伝えている。

購入させる端末や、生徒への負担の大きさなど、ネットユーザーの中からは、疑問の声が多くあがる話題となっている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト