ネット界の“旬”なニュースをお届け!

佐賀県職員AKBダンス動画が話題

2013.09.13 FRI

噂のネット事件簿


2003年、当時45歳と、全国で一番若くして知事に就任した古川 康氏。東大法学部から自治省を経て佐賀県知事となり、現在は3期目 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
佐賀県が、県職員らが参加したAKB48の『恋するフォーチュンクッキー』のダンス動画をYouTubeに投稿し、話題になっている。

「恋するフォーチュンクッキー 佐賀県庁 Ver.」と題されたその動画は、佐賀県のおよそ60カ所の所属職員が、AKB48の最新シングル『恋するフォーチュンクッキー』のダンスを踊っているもの。動画は、AKB48の冠番組『AKB映像センター』(フジテレビ)が募集している「『恋するフォーチュンクッキー』ダンス映像募集!」という企画に投稿されたもので、YouTube内のAKB48公式チャンネルで視聴することができる。

動画には、「会計課」「危機管理・広報課」「健康増進課」「企業立地課」「税務課」「医務課」といった県の職員や、「農業試験研究センター」「名護屋城博物館」「畜産試験場」など県の施設の職員、県庁の食堂で働く人たちや警備員、県内の各市町や県内企業のゆるキャラらが出演。さらにサビ前の「カモン、カモン、カモン、カモン、ベイビー♪」という部分では、佐賀県の古川 康知事が登場し、曲に合わせて軽妙なダンスを披露している。

佐賀県は公式サイト上で、動画投稿の意図を「佐賀県が取り組むさまざまな施策や事業を、これまでの行政の広報では届きにくかった層にも親しみを感じてもらいながら広く届けたい」と説明している。動画には、

「これいいね(⌒‐⌒)全県に広めよう!!」
「良いね♪佐賀に行きたくなった」
「公務員のみなさん仕事しなさい(笑)」

と、次々と好意的なコメントが寄せられており、9月9日に公開された動画の再生回数は、すでに60万回を突破(9月12日9時時点)。その楽しげな様子には、「笑顔が一番。いい人ばかりの県だね」という声も寄せられており、「届きにくかった層にも親しみを感じてもらいながら…」という県の思惑は、見事に的中したようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト