ネット界の“旬”なニュースをお届け!

学力テスト下位校は校長名を公表?

2013.09.13 FRI

噂のネット事件簿


学力テストの結果は、国立教育政策研究所のWebサイトで公表されている。静岡県が最下位だった「小学生国語A」の1位は秋田県(71.7%)。 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
今年4月に行われた「全国学力テスト」(正式名称「全国学力・学習状況調査」)で、静岡県の「小学生国語A」の結果が全国最下位だったことを受け、同県の川勝平太知事が、成績の悪い小学校の校長名を公表すると発言。議論を呼んでいる。

全国学力テストは、2007年から全国の小学6年生および中学3年生を対象に行われている学習能力状況調査。今年度は4月24日に実施され、小学6年生が国語と算数、中学3年生が国語と数学の試験を受けて、8月27日にその結果が発表された。静岡県の「小学生国語A」の結果は、全国平均の正答率62.7%に対し57.7%で全国最低だった。

この結果を受け川勝知事は9月9日の会見で、「絶望的な気持ちになり、強烈な危機感に襲われた」「最低というのは教師の授業が最低ということ」と述べ、責任の所在を明らかにするため、「(成績順に)下から100校か、平均点以下の校長先生の名前を公表したい」と発言した。

これに対し、2ちゃんねる「ニュース速報+」板の「【全国学力テスト】成績下位の校長名公表を…静岡知事、小学国語A最下位受け」というスレッドでは、

「数年掛ければ、各教室と児童成績の相関が綺麗に出るだろ。
これを公表すべき」
「半分より下は全校発表しろ」
「校長だけじゃなく教員全部を公表すべき。
そして全国でやるべきだな」

と、知事の発言に賛意を示す声と、

「ぶっちゃけ校長は関係ないだろ」
「パワハラだな。背筋がゾッとした」

と、発言を否定的に捉える意見が登場し、議論となっている。

なお、「小学生国語A」は最下位だった静岡だが、同時に行われた中学3年生の「国語A」では、全国平均を上回る得点を獲得している。前述のスレッドでは、これを根拠に、

「小学生の時点の順位が低くても中学で盛り返せてるんなら別に構わないんじゃないか」
「小学生時代は青空の下、思いっきり遊び、中学になってから勉強する。
なんら問題ない」

という声もあがっている。

スレッドには他にも、「誰かが一つ上に行けばその分誰かが下に行く」「成績ってものは、常に最下位がいるんだ」という冷静な指摘も登場した今回の一件。下村博文文部科学大臣は“校長名公表する発言”について「好ましくない」と、否定的な見解を示している。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト