ネット界の“旬”なニュースをお届け!

乙武氏の自虐ネタに賛否両論

2013.10.04 FRI

噂のネット事件簿


本人アカウントのプロフィールには「みなさんがドキッとするような発言多し」との記述も。自虐ネタが物議をかもすのも織り込み済み? ※この画像はサイトのスクリーンショットです
これまで自身の障害をネタにした「自虐ネタ」で、ネットユーザーの間で話題になることの多い『五体不満足』の著者・乙武洋匡氏。「乙武さんの明るい自虐ツイートまとめ」というNAVERまとめのページは、17万以上のビュー数に達するなど、注目されている。

しかし、そんな乙武氏お得意の自虐ネタが賛否を分けている。

「滝川クリステル『お・も・て・な・し』 乙武洋匡『て・あ・し・な・し』」

滝川クリステル氏がオリンピック招致のプレゼンテーションで披露した「お・も・て・な・し」に掛けたものだ。10月1日に乙武氏がこれをツイートすると、多くのリツイートがされ、その数は10月3日13時現在で約7700。「乙武『滝川クリステルはお・も・て・な・し 僕はて・あ・し・な・し』」(ニュース速報板)などのスレッドも立てられ、ネット上で話題が拡散した。

過去、乙武氏自身が「2ちゃんでだいぶ愛されてる」と言うように、スレッドのコメントには、

「ちょっとワロタ」
「わろたwwwwwwwwwwww」
「おもろいやないけー」

など、受け入れている2ちゃんねるユーザーはいるものの、ブラックユーモアが行き過ぎていると感じるユーザーも少なくなかったようで、批判の声も上がっている。

「受けると思ったんだろうな~」
「滝川クリステルを完全に侮辱してるよね」
「こういうのは、つまらないだけでなく不快だからやめたほうがよい」

「階段事件がなかったら好意で拡散されたかも」という書き込みのように、今年5月に起きたレストラン入店拒否騒動によってイメージが悪化したのか、はたまた「こいつの自虐ネタもう飽きた」という書き込みがあるように、ネタ自体が飽きられたのか…。

少なくともネットユーザーの間では、今回の乙武氏の自虐ネタは誰もが笑える“明るい自虐”とは捉えられなかったようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト