心揺さぶる“1枚”を毎日お届け

【激撮!】ニシキヘビのペイントで動物愛護訴え

2013.10.04 FRI

激撮


画像提供:ゲッテイ イメージズ(181941295, Paul Morigi /Getty Images Entertainment)
体にニシキヘビのペイントをして米ワシントンDCのファラガット広場近くに立つのは、国際動物愛護団体「動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)」のメンバー。9月末のこの日は、野生動物を守るための訴えを行った。

People for the Ethical Treatment of Animalsの頭文字をとって「PETA」と呼ばれるこの組織は、今回のような取り組みを数多く行っている。「ベジタリアンになろう!」と菜食が環境へもたらす好影響をレタスのビキニで訴えたり、「毛皮を着るくらいなら裸でいい」と全裸でパフォーマンスを行ったり…といった具合だ。時には行き過ぎる行動もあり、様々な論争を巻き起こしてきたことでも知られる。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト