ネット界の“旬”なニュースをお届け!

台風後「傘ポイ捨て」をめぐり議論

2013.10.21 MON

噂のネット事件簿


スレッドでは、台風の日には傘ではなく雨ガッパを着用するほうが効果的との意見も ※この画像はサイトのスクリーンショットです
10月16日朝に関東地方に接近した台風26号。関東地方周辺を過ぎ去った同日昼頃、ネット上には強風によって壊れた傘や晴れたことで不必要となった傘がまとめて“ポイ捨て”されている東京各地の写真が拡散された。

駅のホームのゴミ箱の横にまとめて置かれている写真、駅構内の手すりにズラッと用済み傘たちが放置されている写真など、そのインパクトはなかなかのもの。これら写真を受けて、2ちゃんねる・ニュース速報板には「【画像あり】東京人、今回も傘をポイ捨てしまくり こいつらほんとに日本人なの?」という手厳しいタイトルのスレッドが立てられた。

同スレッドには10月17日現在800件以上のコメントが投稿されており、様々な立場の意見が見られる。

まず、以下のような、傘を放置・ポイ捨てするという行動に苦言を呈する意見だ。

「壊れた傘を捨てるなと言っているのではない
きちんと自宅に持ち帰って捨てなさいと言っている」
「こういうことしたくないから
壊れやすいビニール傘は買わないことにしているわ」
「『みんなやってるからいいだろ』って考えなんだろな」
「これ本当に危ないよな
風で飛んできて顔にでも刺さったら大怪我負うだろう」

このように、壊れた傘を路上に放置するのは危険だという声が特に多く見られる。しかし、

「壊れた傘なんて凶器じゃん
電車に持ち込めないよ」
「ぶっ壊れた傘を
人ごみの中で持ってるほど危ない事はない」

など、壊れているからこそ電車などに持ち込むわけにはいかないという分析をする人も少なくない。駅構内に多く捨てられているのは、そのような理由からなのかもしれない。

また、以下のように、「日本人らしい」と分析する声も多数見られた。

「ゴミ箱が入りきらないからやむを得ずそばに置いただけでポイ捨てとはまた違うような」
「ゴミ捨て場に捨てているならいいんじゃないか?」
「一カ所にまとめてゴミ箱の横に捨ててるあたりに
日本人を感じる」
(すべて原文ママ)

しかし、「かたまってるだけマシではあるけんども、こんなすぐ捨てるのはだめだろ」という声もあるように、やはり放置・ポイ捨てはよくないという意見が主流だ。

昨今では、強風でも壊れない傘が多く登場しているが、まだまだ世間には浸透していない。ツイッターでは、

「もう街中に傘用のゴミ箱とか設置したらダメなの?」
「傘のポイ捨てが問題になってるけど、ビニール傘は簡単に捨てられるサイズに分解できればいいのになあとはよく感じる」

など、放置・ポイ捨てを減らすための対策を考えているユーザーの声も見られる。確かに、なにかしら抜本的な対策が必要なのかもしれない。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト